恋愛に夢見るこじらせアラフォー女子ブログ

結婚していなくても、それはそれでバラ色な生活

恋愛 日記

イケてる50代男性の魅力とは

投稿日:2017年11月4日 更新日:

 

 

恋愛にはピークというものがある。

いわゆる“モテ期”。

モテるの定義が必要になるけれど、

ゆいたんにもそういう時期はある。

 

20代前半に出会った男性が、なぜか一番続いていて

未だに連絡を取っているため、もうかれこれ20年来の知り合いということになる。

 

 

出会ったのは23歳。

彼はWebデザイナーをしていて、

3:3だか、4:4で行ったコンパの人数合わせのために連れてこられた。

こちらは、私が幹事。

年齢は9歳年上。

 

ゆいたん、一応、誰か一人はつなげるようにしていたから、彼もその一人。

ぬぼ~っとして不思議ちゃん。

まあ、でもイケイケのほかの3名よりは明らか無難だわと思い、そこから2人で御飯にも行ったりした。

 

この20年でお互い何かが変わったかというと、対してなくて

共通点では、

 

・年を取った

・結婚を考えた人はいたが、至らなかった

・なんとなく、生き方が自由

・仕事はそこそこ順調

 

ってな具合。

 

仕事はMacひとつあればどこでもできるということで、海外に行ったり、関西に来たりと、ホント自由。

 

忘れたころにメールが来て、京都にいるから会わないか?と。

たまたま予定もないし、おいしいとこ連れて行ってくれるならば!

などと、軽い気持ちでお約束。

 

本拠は東京だけれど、時々京都に来たりしているみたい。

 

先日は、ちょうどゆいたん着物を着ている日がそこにあたったため、

せっかくの京都だし、着物で一日過ごすのも悪くないと思い、訪問着でおデート。

 

案の定、素敵な京都ならではのカジュアル割烹へ。

 

イケメンという雰囲気はないけれど、

50代にはとても見えない清潔感と若々しさ。

この人は、私との関係をどう考えているのだろうか?

などと思った。

 

 

「段差に気を付けて」

「寒いからあったかくしてね」

 

すぐに、私の荷物を持とうとしてくれる。

 

これぞ、ゆいたんを

 

宝物のように扱ってくれる”男性。

 

完全ノーマークだったけれど、思い切って聞いてみた。

 

「もし、私と結婚したら、どうなりますか?」

 

「ゆいさんが、イヤじゃなければ、ボク、主夫できますよ」

 

なんと。

初めてです。この感じ。

そしてイヤでもない。それもありかな????とくすぐられる感じ。

まあ、手もつないだことがないので、男女のそういうのは、二の次ですわな。

 

なんという包容力。

背はとっても大きいので、ゆいたんがヒールを履いても全然大丈夫。

完全に甘えられる、このもたれかかれる余裕さ。

プリンスのような、❤に矢がささる感じはないけれど、

年上の魅力。

 

お会計はまったくもって心配ないし、

白シャツここまで似合う?この年で?

 

って感じだし。

 

 

ゆいたん理想の男性リストで

・着物を着る事に賛成

・ゆいたんを宝物のように大切に扱ってくれる

・包容力

・お酒が飲める

・食べ方がキレイ

・会話が続く

・身長が180センチ以上

・グルメ

 

かなりの確率で、満たしておられます。

 

でも、その日の夜、ドクターの夢を見た。

 

がっつり出てきて、会話も何もかも鮮明に覚えている。

叶わない過去の恋愛というものは、

いつまでも美化されて、心に残るのね。

 

ドクターにぎゅっとハグされたい気分のゆいたんでした。

 

ゆいたんの中の何が、結婚を遠ざけているのかわからないけれど、

人間の防衛本能が働いていることは確かだな。

人は、意外と新しい環境になって、バランスが崩れてしまうことを恐れているのかも。

 

きっと起こりうるこの先の幸せへの

第一歩が出ない40代。

 

9歳下やら、9歳上やら、ゆいたん幅広い・・・忙しいな。

 

-恋愛, 日記
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

最低なオトコ

こんな男に注意!!婚活アプリで見つけた最低なヤツ

「ボク結婚してるけれど、それでよかったら・・・」 というのを堂々と出してつきあいを求めてくれる男。   いやいや最低でしょ?     若かりし頃は、そう思った時期もあった …

一緒にいてラクとは

一緒にいてラク!に潜む落とし穴

素敵なアラフィフ男性との初めてのおデート。 先日のお見合い回転寿司から、LINEラリーを重ね、 いよいよ待ち合わせしてお茶することに。   そこそこ素敵なカフェから始まり、 車で来ているので …

女性を武器にする

オンナを武器に仕事をするって本当の意味

8月から始めた恋愛活動。 一巡して結局既婚者で落ち着く。   ゆいたんがそうさせるのか、 そういう縁なのか 結婚している余裕がステキに見えるからなのか 理由ははっきりわからないけど、 ゆいた …

美しい過去の思い出

再熱の恋!?過去に好きだった人と再会したい女子の気持ち

ときめかないとか キュンキュンは終わったとか 言っていたけれど。   わたしのキュン種は、タンポポの綿毛ぐらいの軽さでやってきて、 すぐに芽を出し🌱 ミントぐらいの勢いで栽培 …

40代独身こじらせ女子の恋愛ブログ

    はじめまして。 アラサーを語るヒマもなく気が付けば、 40をとっくに越しまして、 あと少しで42歳になります、ゆいたんでございます。     30になる …

検索

 

❤ ゆいたん ❤

結婚に夢を抱くアラフォーキャリアウーマン。

美味しい物と好きな人たちに囲まれてHappyに生きれたらそれでいい。結婚は・・・なかなか活動に出ることができないアカンタレな一面をなんとかすべく、努力はしているが、いまだ成果なし。

「このまま一生恋人ができますよ」という神の声があれば、結婚しないで、人生楽しむのになといつも思ってる。