恋愛に夢見るアラフォーこじらせ女子ブログ

結婚していなくても、それはそれでバラ色な生活

婚活 恋愛 日記

パパになってもモテる男性の特徴5つ

投稿日:

モテる男

パパがかっこいいって子ども心には憧れだった。

 

でもパパになると、もう男ではないから、モテないと思っている男性陣。

いやいや、そんなことはない。

 

結婚したからモテるって人いる。

 

むしろ、恋愛をしている男性の方が、ずっとカッコイイ。

不倫で家庭を泣かせる男は、もちろん最低。

 

 

ゆいたんは、若かりしころ、妻帯者にモテた。

いや、今でも大概、素敵だと言ってくれるのは

妻帯者が多い。

 

 

そこで共通点。

 

 

パパなのに、どうしてモテるのか?

 

素敵だな・・・と思う男性には家庭がある人が多い。

 

 

よゆう。

 

 

なんていうのかな?家庭のある余裕ですな。

守るべき家庭があるオトコってのは素敵なのだ。

 

それでは検証していこう。

 

 

清潔感

これはいくつになっても大事。

年齢関係なく、さっぱり。

きちんとアイロンがけされたシャツ。

ここで、洗剤の香りによって、家庭環境が分かる。

クリーニングやによってはダウニー仕様というのもできるらしいけど

無臭が一番だけど。

おうちでアイロンもいいけど、クリーニングあがりのシャツだと

奥様もさっぱりした人で、お互いもう確立された関係なのかしら?

なんて思っちゃう。

 

 

下心がなさそうに見える

一見、愛妻家っぽくて

浮気とかなさそうなタイプ

に見える人。

 

これが、意外にオトコだったりするんですよね。

 

いきつけレストランのオーナーはダンディでとっても素敵。

イケメンだし、モテそうなんだけれど、やらしさがない。

この人、恋愛したらどんな感じになるんだろう!?なんて想像をかきたてられる。

 

 

優しくて性格がよい

浮気する気が最初からなさそうなタイプ。

とにかく優しい

どう考えても優しい

 

社内でモテる男はこのテのタイプ。

 

仕事でつらいことが会った時に、そっと力づける言葉を言ってくれる

そんな上司や同僚にキュン・・・なんてことも。

 

 

家庭円満

数々の泥沼不倫に陥る女性もいるけれど、

そうならないように、適度な距離感を置く男性って

実はこの秘訣がある。

家庭を壊す気は全くないので、

本気にさせない、うまい距離感を保つ・・・

そこがポイント。

 

夢中になれるものを持っている

趣味でも、仕事でも何でもいいんだけれど

夢中で語れるものを持っている彼。

話をしてもキラキラしてたりすると、うっかりやられます。

そんな夢を応援したくなる。

そして、女性は夢を語らせること。

彼に夢を語らせることができたら、あなたもいい女かも!?

 

ゆいたんのちょっとしたエピソードはこちら↓↓↓

 

-婚活, 恋愛, 日記
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大好きな彼を手に入れる方法

片想いのカレを理想のカタチで手に入れるコツ4つ

ゆいたん、実は最近とっても好きな人ができた。 寝ても冷めても彼のことしか考えられない。 相変わらず高校生なみに恋愛中心生活。   最近は開き直って もし今のゆいたんを一言で表すなら・・・ & …

デート中の会話がなりたたない男性

    前回のブログを書いてて思い出したんだけど    恋愛に夢見るアラフォーこじらせ女子ブログ既読スルーの男の気持ちを理解する方法3選https://renn …

怒り

ブラック企業!?どう思うかは自分次第・・・

仕事が忙しすぎて さすがのゆいたんも弱音を吐きたくなる。   やることアホみたいにありすぎて 効率の悪さと、これはどうしようもないってところと 複雑に絡み合う仕事。   いや、これ …

40代女子の日常生活

こじらせ独身女子の日常あるある

約1か月近く続いた女の子週間、いや月間も無事に終わり、 いよいよふつうの生活がやってきた。   先日のプリンスとのごはん会から またさらにプリンスにぞっこん中なゆいたん。   PC …

40代女性の美しさ

オンナを磨く方法!年下男性とのつながり

かなりたくさんの殿方との出会い。 もう、いーんちゃうかな? とか思うけど、もうすこししようと思う。   それも、先日34歳の男の子が、本命枠に入っていて、 もう彼に決めてしまってよいかな、、 …

検索

 

❤ ゆいたん ❤

結婚に夢を抱くアラフォーキャリアウーマン。

美味しい物と好きな人たちに囲まれてHappyに生きれたらそれでいい。結婚は・・・なかなか活動に出ることができないアカンタレな一面をなんとかすべく、努力はしているが、いまだ成果なし。

「このまま一生恋人ができますよ」という神の声があれば、結婚しないで、人生楽しむのになといつも思ってる。