恋愛に夢見るアラフォーこじらせ女子ブログ

結婚していなくても、それはそれでバラ色な生活

婚活 恋愛 日記

初デートで割り勘!?全額払わない50代男性

投稿日:2018年3月8日 更新日:

ありえないデート

先日のアラフィフさんとのデート。

 

ちょっと車酔いした後、助手席に着席。

彼は、次なる場所を考えてくれていたのだけれど、

車の中の音楽の音量と、

ゆいたんの声の周波数があわないのか、

ゆいたんの話を何度も聞きなおす彼に、

大きな声で話さなければならないことが疲れたのか、

車内のにおいが嫌になったのか

(車内はとってもきれいにされていて悪臭はゼロだったんだけどね)

先ほどの安物イタリアンの油が悪かったのか

太ってウエストがきついのか

 

気持ち悪くなってしまった。

 

帰ろう。

そのことを告げ、近くの駅で下してもらい

その後、普通列車に揺られ、帰りました。

 

翌日もまだまだ気持ちが悪いのが続き・・・

一気に彼へのテンションが下がってしまいました。

 

残念・・・

 

思い返せば色々と、テンション下がる原因あり。

 

お茶→ドライブ→晩御飯

そこには駐車場代も含まれる為、念のため気を使って

「いくらか出しましょうか?」

と聞いたところ、断られるのかと思いきや、

 

「では1,000円だけ」

 

はい?

 

せんえん?

 

とるんか~い!!

 

せんえん って。

ズコーっ!です。ほんま。

バリ島の子どもじゃあるまいし。

せんえんって。

 

払うけどね、言いだしっぺですから。

女に二言はない。

 

でも・・・

 

とるんか~い!!

(↑もっかいいうけど)

 

帰宅して一番にしたこと。

ちゃんとした結婚相談所の無料相談予約

 

安かろう、悪かろう。

こんな言葉があるけれど、

その通り。

 

 

世の中、安く出会いをみつけようなんぞ

無理な話だ。

 

恋愛偏差値を上げるという話をしたけれど、

 

マジで勘弁。

 

 

42歳のオバハンを2,000円のイタリアンコースに連れていくな!

出会いを提供するだけの、婚活パーティにすら腹立ってきた。

 

そりゃ、独身ですわな。

 

もうケチ男と命名。

「ダメオトコ」フォルダに保存やわ。

 

婚活の指導をきちんとしてくれる方法を探そうと思いました。

 

 

仲良くしている取引先の美人が言ってました。

「結局ね、仕事バリバリするとね、既婚者にはモテるのよね」

 

おっしゃるとおりっス。

 

そしてね、それはそれで、かなりおいしい立場なの。

 

でもネ。

 

一応、やっては見てみる、婚活戦場への参戦

 

人生で一度は経験しておかないとネ。

 

 

この語尾を“ネ”とカタカナにするあたりも

古いかたちなのもわかってやってるのさ。

 

-婚活, 恋愛, 日記
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

婚活サイトでのよき男性の見つけ方のコツ5つ

    前回はアプリ登録の時のおすすめを紹介しましたが・・・ ここからは、ゆいたんなりの経験談を話そうと思います。   目次1 1. ゆずれない条件を決める2 2. Fa …

アラフィフ男性の魅力

男性の魅力は50代から

年下オトコもいいけれど 安定の50代男性。 余裕とダンディさを兼ね備えた大人の男。 40歳もほどほどにすぎていくと、アラフィフの男性にも縁が生まれるもの。 元はといえば24歳の時に、30歳っていう関係 …

バーテンダーとの恋

深夜の恋人

先日、友人といったバーで 実は少し前に来た時に、一人でお店を切り盛りしていた若い青年で、 その韓流スターのような出で立ちにキュンキュンきてたことを店長に話し、 そのスタッフはいないのか?って聞いたら …

仕事の覚悟

覚悟を決めるとき

人生には色々なシーンで、 決断や、自身の覚悟を決めなければならないことがある。   今日は、ゆいたんが背伸びして、 ビジネススクールに通っていた時代に、 クラスメイトとしてお世話になっていた …

離婚理由が複雑すぎる!?婚活パーティで知り合ったバツイチの彼

    コダサイ婚活パーティで知り合った コマシな男2人。    恋愛に夢見るアラフォーこじらせ女子ブログデート中の会話がなりたたない男性https://ren …

検索

 

❤ ゆいたん ❤

結婚に夢を抱くアラフォーキャリアウーマン。

美味しい物と好きな人たちに囲まれてHappyに生きれたらそれでいい。結婚は・・・なかなか活動に出ることができないアカンタレな一面をなんとかすべく、努力はしているが、いまだ成果なし。

「このまま一生恋人ができますよ」という神の声があれば、結婚しないで、人生楽しむのになといつも思ってる。