恋愛に夢見るこじらせアラフォー女子ブログ

結婚していなくても、それはそれでバラ色な生活

婚活 恋愛 日記

初デートで割り勘!?全額払わない50代男性

投稿日:2018年3月8日 更新日:

ありえないデート

先日のアラフィフさんとのデート。

 

ちょっと車酔いした後、助手席に着席。

彼は、次なる場所を考えてくれていたのだけれど、

車の中の音楽の音量と、

ゆいたんの声の周波数があわないのか、

ゆいたんの話を何度も聞きなおす彼に、

大きな声で話さなければならないことが疲れたのか、

車内のにおいが嫌になったのか

(車内はとってもきれいにされていて悪臭はゼロだったんだけどね)

先ほどの安物イタリアンの油が悪かったのか

太ってウエストがきついのか

 

気持ち悪くなってしまった。

 

帰ろう。

そのことを告げ、近くの駅で下してもらい

その後、普通列車に揺られ、帰りました。

 

翌日もまだまだ気持ちが悪いのが続き・・・

一気に彼へのテンションが下がってしまいました。

 

残念・・・

 

思い返せば色々と、テンション下がる原因あり。

 

お茶→ドライブ→晩御飯

そこには駐車場代も含まれる為、念のため気を使って

「いくらか出しましょうか?」

と聞いたところ、断られるのかと思いきや、

 

「では1,000円だけ」

 

はい?

 

せんえん?

 

とるんか~い!!

 

せんえん って。

ズコーっ!です。ほんま。

バリ島の子どもじゃあるまいし。

せんえんって。

 

払うけどね、言いだしっぺですから。

女に二言はない。

 

でも・・・

 

とるんか~い!!

(↑もっかいいうけど)

 

帰宅して一番にしたこと。

ちゃんとした結婚相談所の無料相談予約

 

安かろう、悪かろう。

こんな言葉があるけれど、

その通り。

 

 

世の中、安く出会いをみつけようなんぞ

無理な話だ。

 

恋愛偏差値を上げるという話をしたけれど、

 

マジで勘弁。

 

 

42歳のオバハンを2,000円のイタリアンコースに連れていくな!

出会いを提供するだけの、婚活パーティにすら腹立ってきた。

 

そりゃ、独身ですわな。

 

もうケチ男と命名。

「ダメオトコ」フォルダに保存やわ。

 

婚活の指導をきちんとしてくれる方法を探そうと思いました。

 

 

仲良くしている取引先の美人が言ってました。

「結局ね、仕事バリバリするとね、既婚者にはモテるのよね」

 

おっしゃるとおりっス。

 

そしてね、それはそれで、かなりおいしい立場なの。

 

でもネ。

 

一応、やっては見てみる、婚活戦場への参戦

 

人生で一度は経験しておかないとネ。

 

 

この語尾を“ネ”とカタカナにするあたりも

古いかたちなのもわかってやってるのさ。

 

-婚活, 恋愛, 日記
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ハートを射抜かれる

タイプすぎる既婚者の彼、さあどうする!?

ズッキューン❤   久しぶりに、ハートを射抜かれました。 出た!またトキメキ?   そうなんですよ。   ゆいたんには、やっぱりかかせないスパイスのひとつであり、なくては …

50代の通勤恋愛物語

    毎日同じ時間帯に通勤していると、同じ人に遭遇する。   学生から、ビジネスマン、マンションの住人。 時間差と場所で、今日の自分のスタートが、 遅いのか早いのかわか …

ワイキキビーチ

ワイキキおすすめロコめし Heavenly’s Island Lifestyle

さてさてハワイのごちレポの続き・・・ まだ2日目だけど、必ず行きたいお店の Heavenly’s Island Lifestyle 仕事が終わって、ついた初日に大概行くんだけれど、 ゆいた …

カフェ

おひとりさまカフェの有意義な過ごし方

お茶をする って文化は男子にはあんまりない。   女子がよく使う言葉は お茶しよー ごはんいこー   お酒はどっちでもいい。 要は、私の話を聞いて〜 なのだ。 ゆいたんが、カフェで …

too much

好きなのはわかるけど・・・がっつきすぎる男はNO!!

最近疲れすぎて、電気カーペットが寝床になっているゆいたん。 ダメだとわかっていても、ついつい・・・ そんなおり、ご新規さんとの出会い。   今回のオトコは、少し年下のちょっとちゃらけ顔。 あ …

検索

 

❤ ゆいたん ❤

結婚に夢を抱くアラフォーキャリアウーマン。

美味しい物と好きな人たちに囲まれてHappyに生きれたらそれでいい。結婚は・・・なかなか活動に出ることができないアカンタレな一面をなんとかすべく、努力はしているが、いまだ成果なし。

「このまま一生恋人ができますよ」という神の声があれば、結婚しないで、人生楽しむのになといつも思ってる。