恋愛に夢見るアラフォーこじらせ女子ブログ

結婚していなくても、それはそれでバラ色な生活

恋愛 日記

女はしたたかであるべき

投稿日:

戦う女性

知り合いの女性は、

友だちの伝書鳩になって、彼女の好きな人との間を取り持つうちに

男性がその子を好きになってしまい、

オシに負けて、付き合ってしまった。

 

先日のゆいたんのこの話・・・

 

彼女は、ひどい!!

なんて言ってたけれど、君の過去もそうじゃなかったっけ?

 

と密かに心の中で、ゆいたん思ってました。

ほら、ここでもやっぱり女は男を取るのだ。

 

そして、何年か付き合った後、こっぴどく振っていた。

 

別れを告げたとき、男が泣いたそうだ。

捨てられた仔犬のように・・・

 

その姿を思い出して、涙ぐむ女。

 

でも私はコイツのしたたかさを知っている。

 

ゆいたんは、一度味わったことは、必ず忘れない

執念深い女だ。

表面上、仲良くしていても、

いざというときは、絶対に身を滅ぼすようなことはしない。

 

人間の根本は変わっていないため、油断禁物。

 

女はしたたかであるべきだと思う。

まじめに「いい人」を生きていても仕方がない。

女子に気に入られたければ、ぜひそうすればいい。

 

そんなことをしていても、女はいつ手のひらを返すかわからない。

 

 

ここんとこ、疑り深い暗めなブログだけれど、

特に、あれから暗黒街をさまよっているわけでもなく、

ゆいたんはHappyな毎日を送っている。

 

ゆいたん、遅れたことのない女の子週間が遅れたり

早まったりと忙しく不順になり、

1か月も止まらず、ひとまず婦人科へ。

 

エコー

触診

などなど、見てもらった結果、

 

筋腫はないけれど、

ちょっとお水がたまっているかもしれないわね~

まだまだ子宮に血液がたっぷりたまっているわね、

一度これ、出しちゃいましょう!

 

といって、ホルモン剤を処方された。

 

初めて飲むので、ドキドキ・・・

 

効きましたわ。

久々の、干上がり。

これよ、これを待っていたのよ。

 

10日間の投薬の末、もう一度女の子がやってくるらしい。

それが終わるころ、また出陣。

 

 

40代を超えると、出産リスクがべらぼうに高くなる。

高齢出産ではないよね。もはや。

ばーちゃんの世界。

 

ゆいたんは、どっちでもいいのかな?と思うけれど、

海外生活が長い友人と話していたら、

 

アメリカなんて、結婚も出産も40代からよ。

女性としてキャリアを積んでから、さあ、そろそろ結婚?

みたいな感じ。

31歳で、子供産んだら

「はやいわね、あなた」と

何だったら、日本でいうヤングママ的な。

 

しかも産休を何か月かもらおうと申請したら

「は?何言ってんの?」

と一蹴。

1か月ぐらいで復帰するらしい。

おそるべしアメリカンウィメン(←きちんと複数形)

素敵すぎる~~!!

でも年齢的に老化するのは、

日本もアメリカも一緒だと思うんだけれど・・・

向こうは大丈夫なんだろうか?

 

帝王切開というのもあるので、ありうるけれど

にしても、こう考えると日本のウィメンたちの

閉鎖的な社会制度。

食べ物だって、海外よりいくぶん健康だと思うけれど。

なかなか難しいのかなとも思う。

 

ゆいたんも、子どもは天にお任せ。

まずは、赤ちゃんに選んでいただかなくては。

 

-恋愛, 日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

先のある恋愛

将来につながる恋愛について

つきあいはじめて100日目   韓国ではよくあるフレーズだと思うが ゆいたんのiphoneのカップルアプリだって きちんと教えてくれる。   占い、カードリーディングフリークのゆい …

思考は現実化する!?大事なのはイメージ力

思考は現実化する   って本も出ているくらい、イメージ力は大切。     先日、またまたラテアートのワークショップに参加。 (もう、3回目・・・そんなに行かなくてもいいん …

女の価値

婚活市場におけるアラフォー女子の需要と供給

  〇〇さんからお見合いの申し込みが届いています。 と連絡が来ました。   いきさつはコチラ↓↓↓ 恋愛に夢見るアラフォーこじらせ女子ブログ40代からの結婚相談所入会についてhtt …

最後の人

結婚相手その人に決めてしまって本当に大丈夫?

この先もっといい人に出会うかもしれないのに、 この人に決めてしまって本当にいいのだろうか? そう思って、なかなか決められないパターンを ず~~っと繰り返してきていることに 気付いていつつも、だらだらと …

ワイン,嚥下

嚥下(えんげ)困難!?アラフォー女子の極み

若い時にはなかった むせる ってのが、最近多くなってきた気がする。   ちょっとした瞬間に、 ほこりが、デリケートなゆいたんの喉にはりつくのか、 わけもなく咳込み、しばらく続く、、、 &nb …

検索

 

❤ ゆいたん ❤

結婚に夢を抱くアラフォーキャリアウーマン。

美味しい物と好きな人たちに囲まれてHappyに生きれたらそれでいい。結婚は・・・なかなか活動に出ることができないアカンタレな一面をなんとかすべく、努力はしているが、いまだ成果なし。

「このまま一生恋人ができますよ」という神の声があれば、結婚しないで、人生楽しむのになといつも思ってる。




This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.