恋愛に夢見るアラフォーこじらせ女子ブログ

結婚していなくても、それはそれでバラ色な生活

仕事 日記

仕事ができる女性の特徴3つ

投稿日:2017年12月17日 更新日:

ゆいたん、アラフォー独身女。

それはわかっている。

 

だんなのシャツをアイロンかけるでもなく

自分の(自分なりの)高級洋服を

おしげもなく、じゃんじゃんクリーニングに出す。

 

かといって、ユリコースやらカトレアコースやらではないが、

そこそこ、値段はいく。

 

そんな地元のクリーニングやさんのおばちゃんに

見た目は怖いけど、かなりいいおばちゃんがいる。

 

 

仕事の仕方に融通が利く

 

会員カード忘れても、

ゆいちゃんやろ?会員価格にしとくわな。

 

特別割引のはがきを忘れても、

今度持ってきたらいいわ、あんじょう、しといたげる。

 

といつも、融通を聞かせてくれる。

 

 

着物に詳しい

 

先日、着物襦袢の半衿を出したら、

今日出来上がってきたら、なんとアイロンで

しっかり線が入っていた。

 

これ何?

 

二人で考える。

 

ふつう、半衿は全部折り目なしにするもんやけどな。

 

工場の人が知らんのかも?

 

という二人の会話。

 

話の流れで、おばちゃんはなんと、

着物の着付けもできれば、ヘアアレンジもできるとのこと。

料亭の女将をやっていたそうだ。

 

気配り、心配りができる

 

さすが!だからか!その気配り、心配り。

名前と顔を覚える、頭脳が情報化しているのは。

 

ゆいたん、いい加減な客だから

引換券すら忘れる。

それも1枚たりとも、ぬかりなく渡してくれるのだ。

 

できる女というのは、こういう人のことを言う。

 

 

見た目はどすこい!って感じだけど

中身はゆいたんの目標とするメリルストリープのようだ❤

 

おばちゃんを見習いたいなって思った。

 

クリーニングやさんのおばちゃんでも

ただのパートでのんびりやってる人と

もともと仕事がバリバリできる人がやるのと

同じように見えて全然違う。

 

どこいってもできる人には仕事があるのね。

 

このブログで、ゆいたんを敵に回した新人

相変わらず、のうのうと出勤している。

OJTが一通り終わったら、ゆいたんの直部下になる予感。

 

阻止するために考えた。

ゆいたんが認める、片腕存在の人材を自分で見つけてきて

責任をもつから採用してくれと言ったら、

こいつを部下にはしない宣言ができる。

 

仕事辞めたい病だけれど、それができない場合

どうすればいいか?

 

負けてなるものか。

 

今、身に着けなければならないスキルをあらためて考えたゆいたんなのでした。

 

-仕事, 日記
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

幸せのフクロウ

幸せを呼ぶフクロウタクシーと運転手の誇り

今のままの関係がいいなー と思う人と、 もっと先に行きたいなー と思う人がお付き合いしたら   これは、カップルにはならないよな。   ゆいたん、先日のSEくん。 やっぱり、付き合 …

ハイスペック男子

ハイスペック男子はこんなところにいた!?イケてる男性の意外な心理

立ち止まると、汗が噴き出る って表現がぴったりのこの気候。   今、異常気象だよね、コレ完璧に。   ほどなくプライベートが充実して忙しくなってきたゆいたん。   ブログ …

美しい40代女性になるために必要なこと3選

    プラダを着た悪魔の、オープニング曲。   Suddenly I see     聞くたびに、気持ちが上がる。 Tバックを履こう!って思う。 も …

不可能を可能にする方法

    “できない”ということを知らなければ、 “できる”という選択しかない。   6歳の男の子が、ある事情から10段の跳び箱に挑戦するのだけれど 跳べなくて、何度もなん …

過去のこと

あの時ああしていれば・・・戻らない過去に少し酔いしれるとき

朝の連続ドラマ、 もうめ~~~~っちゃいいところ。   若かりし20代のころを少し思い出すわ。   すずめちゃんと、律くんの久々の再会。 律が 「すずめ、結婚しないか?」 &nbs …

検索

 

❤ ゆいたん ❤

結婚に夢を抱くアラフォーキャリアウーマン。

美味しい物と好きな人たちに囲まれてHappyに生きれたらそれでいい。結婚は・・・なかなか活動に出ることができないアカンタレな一面をなんとかすべく、努力はしているが、いまだ成果なし。

「このまま一生恋人ができますよ」という神の声があれば、結婚しないで、人生楽しむのになといつも思ってる。