恋愛に夢見るこじらせアラフォー女子ブログ

結婚していなくても、それはそれでバラ色な生活

仕事 日記

空気の読めない部下の発言に深く傷つく・・・女の敵は女!

投稿日:

40代。

自分がなってみて、私も若い時には生意気だったのだろうか?

などと色々考える。

 

ちょっとずれたアラサーが会社にいるんだけど、

本当にズレすぎていてびっくりする。

 

何もかも自分が一番大変。

打ち合わせをしては、溜息。

外出しては、ぐったり。

すぐに熱は出すわ、風邪はひくわ。

常に自分を守ってくれる人にかしずく。

 

熱は仕方ないにせよ、もう風邪のひきかけに対処するくらいの学習力はほしいところ。

毎回毎回、辟易する。

 

マスクをすること自体、恥ずかしいと思ってほしいものだ。

 

 

つい最近の話だけど、空気の読めない新人がまた入ってきた。

 

ゆいたん、別に新人いびりをしているわけでない。

人見知りはあるものの、わりと受け入れる優しい派。

でもね、新人は1か月ぐらいはおとなしくしとけ!って思うわけ。

自分の頭角をあらわすのはまだ早い。

 

まあ~コイツもかわいくないわけで。

容姿がというより、話し方だったり、態度だったり・・・

 

今までいろんな後輩を見てきたけれど、管理職になったことはなかったので、ただの同僚。

そこまでは言えないよね~。

やめてくれたらいいのにな・・・と思ってもさ。

 

だけど今は違う。

ゆいたんにも、戦うときが来た!

幕は切って落とされた!

 

と言わんばかりの出来事あり。

 

ゆいたんには、モデル業ならぬキラキラ時代があった。

当時はね、若いから当然美しいわさ。

でも今は、40代。わかってますよ。

年とりましたわよ。

だから、若い子と張り合おうとは思っておりません。

しかしながら、老いというものは、容赦なくやってくるわけで、だんだんお肌のくすみや、その他いろんな部分も老化の一途をたどるわけ。

しかも、まあまあ気にしてる。

 

華やかな時代があった人ほど、老いが耐えられないのである。

 

きれいだと言ってくれる人がいても、本人的には気にしているというときもある。

 

一般的にどんなきれいな40代でも、40は40。

それはれっきとした事実。

 

新人の歓迎会で、それぞれの

第一印象を聞くってな、お題になったわけ。

まあ、盛り上がらない地味子な新人なもんで、華やかにもならん。

酒の席の華にもならん。わざわざ真ん中に座らせてやってるのに。

 

それぞれの第一印象を答え始め、

「モデルやってた人がいるって聞いたので、てっきり〇〇さんかと思って、さっすが~って思っちゃいました!!」

と言いおった。

 

ちなみに〇〇は、アラサーズレ子。

 

「え~ほんとですか!?うれしい~~~~!!」

 

お~お~素直に喜べ、喜べ。お前にもそのうちやってくる40代。

 

で、本当にキラキラ業をやっていて、「さすが!」と言われなきゃいけないゆいたんを前に、この新人は何と言うつもりなのだ?

 

周りにいたスタッフ全員の「しまった!」という空気感感じたよね~ホント。

 

「ゆいさんわぁ、目がおっきですよね~。それに面白いって思いました~」

 

終わってるよね。コレ。

この場の空気を今後、どんだけよくしようとしても修復不可。

ゆいたんと長い同僚生活を送っているスタッフたちは、感じてたけど、もう時すでに遅し。

コイツやりおったな・・・

 

ほかにもさ、部署の一番トップに向かって「若い」

年配のおっさんに「偉い人だとおもってた」

 

失礼極まりない。

裏を返せば、

若い・・・経験浅くトップに見えないぞ

偉い人だと思ってた・・・でも実は偉くないんですね?

 

とも取れる。

 

そういう礼儀のない人間は、ゆいたんの部下にはいらない。

合わないもん。

管理職の権限だ、絶対にゆいたんの部下にはしてやるものか!?

書いた文字は消しゴムで消せるが、言った言葉はもう消せない。

 

 

その後も、ゆいさんモデルって大変なんですかぁ?

とか色々聞いてきやがった。

 

も~いいやろ?その話は。墓穴を掘るだけやろ?

 

アラサーブリっ子もいるんだけど、そいつもこれまた妙なフォローに出た。

それもズレ子と変わりない。

(夜中にズレ子はメールしてきて、私が調子にのったから、ゆいさん気分悪くされましたよね????なんてことを言ってくる。ここでもズレ子は悲劇のヒロイン。最後の一撃を残しやがった)

 

どんだけフォローしても、その話題に触れれば触れるだけ泥沼という状況がわからないのか、あらゆる気を使いだす。

 

どいつもこいつも脳足りん。

 

そいつにとって、なんの戦力にもならないズレ子と

何の権力もないオレオレ男にかっこいい~~~❤

と、ミーハー全開。

 

こいつは、本当に頭が悪いのか?

 

 

誰を味方に、誰がキーパーソンなのか、瞬時に察知しなければ、職場では生きていけない。

そんなこともわからないアラサーに仕事と未来はない。

 

とりあえず、今回の件で、ゆいたんを完全に敵に回したよね。

 

覚えとけ。

もう、ゆいたんは良い人ではいられない。

 

おまけに自分に今、仕事を引き継いでもらっている先輩ぶりっ子への第一印象答えられず。

 

誰が、こんなやつを採用したのか!?

 

ビッグな組織の上のほ~~~のおっさんが、承認したのだろうけれど。

 

ほんとに、どこをどう点数つけたのか聞きたいものだ。

 

美人なら、受付けよう。

黙って座らせておけばよい。

地味子のくせに、存在だけ目に入るなんとも不愉快な新人。

コテンパンにやっつけてやる!!

 

アラフォー女子よ、負けてはならない。

本当の敵は、そういうやつ。

嫌われても、疎まれても、わがままだと思っても

女の敵は女!!

 

時には、闘いも必要!!

さて、勝利まで幾日か、みもの・・・

 

-仕事, 日記
-, , , ,

執筆者:


  1. […]  恋愛に夢見るこじらせアラフォー女子ブログ 空気の読めない部下の発言に深く傷つく・・・女の敵は女!https://rennaiarafo.com/whoisenemy/40代。自分がなってみて、私も若い時には生意 […]

  2. […]  恋愛に夢見るこじらせアラフォー女子ブログ 空気の読めない部下の発言に深く傷つく・・・女の敵は女!https://rennaiarafo.com/whoisenemy/40代。自分がなってみて、私も若い時には生意 […]

  3. […]  恋愛に夢見るこじらせアラフォー女子ブログ 空気の読めない部下の発言に深く傷つく・・・女の敵は女!https://rennaiarafo.com/whoisenemy/40代。自分がなってみて、私も若い時には生意 […]

  4. […]  恋愛に夢見るこじらせアラフォー女子ブログ 空気の読めない部下の発言に深く傷つく・・・女の敵は女!https://rennaiarafo.com/whoisenemy/40代。自分がなってみて、私も若い時には生意 […]

  5. […]  恋愛に夢見るこじらせアラフォー女子ブログ 空気の読めない部下の発言に深く傷つく・・・女の敵は女!https://rennaiarafo.com/whoisenemy/40代。自分がなってみて、私も若い時には生意 […]

  6. […]  恋愛に夢見るこじらせアラフォー女子ブログ空気の読めない部下の発言に深く傷つく・・・女の敵は女!https://rennaiarafo.com/whoisenemy/40代。自分がなってみて、私も若い時には生意気だ […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

不可能を可能にする方法

    “できない”ということを知らなければ、 “できる”という選択しかない。   6歳の男の子が、ある事情から10段の跳び箱に挑戦するのだけれど 跳べなくて、何度もなん …

パパ活

パパ活!?若い世代にモテモテのアラフォー金持ち男

何人か会ったりしました?   婚活市場で、必ず相手から聞かれ、自分も聞いてしまうこの文言。   どんな人に出会ったか聞きたいところ。   最近知り合ったカッパくん。 前回 …

好きな男性

大好きな彼との恋愛が一瞬で冷めるとき

人の不幸は蜜の味。 とはよく言ったものだけど、 本当にそうです。   特に女性の間でも うまくいっている内容を聞いて応援はするけど、 実際、珍事件が起きるとかなり嬉しいもんです。 &nbsp …

戦うキャリアウーマン

働き方改革と仕事のやりがい

今働いている環境は、あなたにとって本当に幸せ? と聞かれたとしたら、YesかNoかどちらで答えますか?   ゆいたんは・・・ 五分五分だな。   こういうことを考えられるというのは …

Eggs’n Things エッグスシングスワイキキビーチで頼むべきメニュー3つ

ゆいたんの人生のモットーは、 とにかく全力で何事もやりたいと思っている。 恋も仕事も。 でも最近、ほどほどに楽しむということも必要なのでは?と思ってきたりもしている。 軽く始めた仕事でも、気づいたら全 …

検索

 

❤ ゆいたん ❤

結婚に夢を抱くアラフォーキャリアウーマン。

美味しい物と好きな人たちに囲まれてHappyに生きれたらそれでいい。結婚は・・・なかなか活動に出ることができないアカンタレな一面をなんとかすべく、努力はしているが、いまだ成果なし。

「このまま一生恋人ができますよ」という神の声があれば、結婚しないで、人生楽しむのになといつも思ってる。