恋愛に夢見るこじらせアラフォー女子ブログ

結婚していなくても、それはそれでバラ色な生活

婚活 日記

譲れない男の絶対条件

投稿日:2018年5月25日 更新日:

アラフォー婚活

例の結婚相談所。

 

ゆいたんの希望検索条件

178センチ以上

関西圏

年齢44〜53

 

 

、、、、、、。

 

 

えーのおらんわ。

 

ホンマにおらん。

 

入会する前から、人数は少なめですよと。

関東の方が圧倒的に多いですよと。

 

言われてはいたけれど。

 

いや、ホンマに。

 

その通りでやんした。

 

これ、ホンマにマッチングしないと思うわ。

 

だって、絶対好きになる人いないと思うよ。って容姿だもん。

 

お見合い写真でキレイに撮るってのをしていて、

このレベルでしょ?

って。

公開できないのが残念だけど、

みんな、男性も頑張ってくれ。

 

写真映りのインパクト悪すぎでしょーが。

 

きちんとしたところに入れば、

きちんとした人がいると思ってはいたけれど、ハズレ。

 

40代後半から、50代でステキな男性が

求める女性の希望年齢に、

30代前半までとか書いてあったら、

ステキという文字が、

ガラガラと音を立てて崩れ、

 

コイツ調子に乗んなよ〜(-“-)

 

という印象に変わる。

 

年収あるから、若いの来ると思ってるっしょ?

 

まだまだ選べると思ってるっしょ?

 

この勘違いぶりが、婚期を逃したんやな、、、とあらためて実感。

 

かくいう、ゆいたんの希望条件もおんなじかもだけど、

身長低いのはちょっと・・・

さすがに、年齢は自分より年下はやめました~。

 

というか、もう興味ナイ。

 

結婚を考えていない、20代BOYはウエルカムカム~だけど。

結婚となると、年下くんはしんどいやろな~。

 

キレイな写真で、ポーズ決めてできる男を気取っているが、

年齢制限を設けてるのはマイナスでしかないね。

 

お見合い申し込みされたら、

ふつうに断ったらいいだけだから、

年齢制限書かなければいーのになと思う。

 

子供が欲しいと思って、

若い年齢をもとめる魂胆がミエミエ。

 

そこへいくと、ゆいたんが今お付き合いしている2人は、

なんと素晴らしく見えることか。

 

常にゆいたんを優先的に考えて、

ゆいたんに合わせてくれる。

 

これは、結構逃してはいけない人たちかも?と思っている。

 

貴重部類の人。

これ、婚活アドバイザーできるんちゃうか?わたし?

とか思うけど。

 

50代でステキな男性がいっぱいいるから、

その魅力をもっと出して欲しいと思う私、、、。

 

その年代の上手なお付き合いの仕方、

絶対あると思うんだけどな。

 

-婚活, 日記
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

うかれてはならない年下男のアプローチ

    ストライクゾーンの広い私としては、 年下の男の子と知り合う機会が多い。 言うなれば、出会った男子はすべて恋愛対象に考える! ぐらいの勢いがある私。   全部が全部 …

カジノキムスヒョン

キムスヒョン パラダイスカジノの写真が素敵すぎる件

<出典:ホームページより>   飛行機を降りて、空港に着くなり 目に飛び込んで来たのは、 わたしのキムスヒョン✨   パラダイスカジノ!!   なんちゅーかっこよさ。 & …

自分本位の恋愛

自分本位の恋愛してませんか?

絵に描いたような、頭脳派エリートサラリーマンと 叩き上げの経験がものをいう、泥臭い営業マンと   同じ条件なら、どちらを選ぶか?   今まで出会ってきた方の中で観ると、 ゆいたんの …

歯ぐきの先生~若い時は無縁だった歯槽膿漏がもうすぐ目の前に~

「こないだ歯医者にいったんだけど、そこで歯ぐきの先生にあってさ~」 友人からの電話。   どゆこと?   歯科医じゃなくて?   歯ぐきの先生ってなに? wwwww &n …

仕事の覚悟

覚悟を決めるとき

人生には色々なシーンで、 決断や、自身の覚悟を決めなければならないことがある。   今日は、ゆいたんが背伸びして、 ビジネススクールに通っていた時代に、 クラスメイトとしてお世話になっていた …

検索

 

❤ ゆいたん ❤

結婚に夢を抱くアラフォーキャリアウーマン。

美味しい物と好きな人たちに囲まれてHappyに生きれたらそれでいい。結婚は・・・なかなか活動に出ることができないアカンタレな一面をなんとかすべく、努力はしているが、いまだ成果なし。

「このまま一生恋人ができますよ」という神の声があれば、結婚しないで、人生楽しむのになといつも思ってる。