恋愛に夢見るアラフォーこじらせ女子ブログ

結婚していなくても、それはそれでバラ色な生活

仕事 日記

働き方改革と仕事のやりがい

投稿日:

戦うキャリアウーマン

今働いている環境は、あなたにとって本当に幸せ?

と聞かれたとしたら、YesかNoかどちらで答えますか?

 

ゆいたんは・・・

五分五分だな。

 

こういうことを考えられるというのは、

マーヒーな証拠なんだけどさ、

 

OFFの日や、連休が続いたり、

非日常的な一日を過ごしてリフレッシュしたときに、

 

わたし、何やってんのかな?

 

って、改めて自分の人生を振り返る。

 

会社では、過重労働を注意され、

 

やらないことを決めて!

と言われて。

 

体のことを気遣ってくれているのは大変有り難いことだけど、

それ、本当に解決策になってる?

って思う。

 

根本、何ごとにも熱い思いがないと、

物事の達成は見込めない。

 

それに対する熱い思いを持つ担当者が、

しっかりとやらなければ改善、達成なんて無理だ。

 

ゆいたん、若かりし頃、運営システム改善の担当者になって、

自ら、システムの現場レベルの声を聞き、

改善に携わったけど、ほんと大変だった。

 

それぐらい、きちんとしないと無理。

 

それがわかっているだけに、ちゃんちゃら可笑しいなって思ってしまう。

 

 

ゆいたんには、担当すべき任されている仕事があるから、

それを全うするだけだけど、

驕らず、図に乗らず、やるのみ。

 

そして、取引先の人たちが全力で協力してくれるので、成り立っている。

 

ありがたいこと。

 

たとえ、担当が自分だけであったとしても、

それだけ築き上げられることがあれば、

それは、ゆいたんの自信につながる。

 

いわゆる、仕事のやりがい

 

それにつながる。

でも、やっぱり、冷静になったときに、色々考える。

頼れる友とパートナーがいれば、

やはり心のゆとりもあるし、

OFFも大切にしようって思う。

 

競合のお客様を、根こそぎ取れるぐらいの気持ちでやらねば、成り立たない今。

本気で向かうには、こういう甘えを持っていては、立ち向かえない。

 

ビジネスは時に勝ち負け。

 

どうせなら勝ちたい。

 

同僚の男性は、

 

休みがなさすぎ

奥様の方がお給料がいい

 

との理由で、逃げられたりしている。

 

旦那の仕事、わかってやって。

って、言ってあげたいくらい、本人は頑張っているのに、憐れである。

 

それでも続けているならば、ただのヘンタイちゃうか?

と思うけど、まぁ、いい人たちだ。

 

ゴールデンウィーク!!

ちょっと気分を変えて、遊びに行ってこようと思う。

来週からの仕事頑張りシーズンに向けて。

 

今やってることは、将来、ゆいたんが、

メリル・ストリープになるための修業と思って。

ふぁいてぃん!!

-仕事, 日記
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ネイリストは技術と接客どっちが大事!?悩ましい選択・・・

いや~、ほんまに気分が落ち込みまくりだからさ。 自分に共感してくれる女子にばっかり話を聞いてもらっている。   当然、私の周りの女性というのは、私が好きな人たちだから、理解してくれるし、私の …

ビッチ

こんな女実際にいるの!?自分はモテると完全に勘違いしている女

ビッチ 雌犬のこと。尻軽女のこと。   まさに、世の中にビッチというのはいる。   時々勘違いして、恋愛豊富な女性と一緒にされることがあるが、 大間違い。   手当たり次 …

うかれてしまう恋

何歳下までOK?意外とイケる?年齢差を感じさせないアラサー男子

みなさまにとって 年下男子とは どのレベルの下を年下と呼ぶのだろうか?   最近9歳年下の男の子と マッチングして、デートしたのだけど、   また行きましょ  とか   …

色白メガネのもやし男子に恋!?

例の一件から、 「ゆいさん、おこらしたらあかん」モードの会社。 アホくさ。 ほんまアホばっかり。   本当に傷ついているこっちの身になってみろ!と言いたい。 おそらく、それをまた笑いにするだ …

40代女性のご褒美ディナー

今日は女子会ならぬ、才色兼備の友だちとおでかけ。 2人でこの季節は必ず張り込んでおいしいご飯を食べに行く。 前回はイタリアン。 少し料金がはっても思い残すことなく食す。   そしておいしいお …

検索

 

❤ ゆいたん ❤

結婚に夢を抱くアラフォーキャリアウーマン。

美味しい物と好きな人たちに囲まれてHappyに生きれたらそれでいい。結婚は・・・なかなか活動に出ることができないアカンタレな一面をなんとかすべく、努力はしているが、いまだ成果なし。

「このまま一生恋人ができますよ」という神の声があれば、結婚しないで、人生楽しむのになといつも思ってる。