恋愛に夢見るこじらせアラフォー女子ブログ

結婚していなくても、それはそれでバラ色な生活

恋愛 日記

ばっさり切れない男女の縁

投稿日:2018年7月29日 更新日:

男女の縁

いっつも忘れたころにやってくる士業の彼のメール。

何か月ぶり?

ホント、今このタイミングでメールするか?

って思います。

 

いやいや、正直ね。

アプリで知り合って、何か月経ってると思うのだろうか?

 

しかもお元気?のLINEの後は、

 

まだ僕と会いたいと思ってくれてるの?

 

思ってるわけねーだろうーよ。

 

 

いつ会えるかわからない、

しかもどんどん出会い歴が更新されているゆいたんが

まだ君を覚えていただけありがたいと思えっつーの。

 

 

おまけに何度もそういうエロ会話をしておきながら、

一度も合う気配はなく、

 

アナルセックスの経験はあるか?

とか

 

もはや、完全に変態よね。

 

やっぱ、そういうやつだったか・・・

 

独立して、しっかり士業を頑張っているだろうけれど、

そもそも恋愛偏差値はゆいたんより低いかもしれない。

きっと、大したオンナもいないんだろうな・・・・

 

そんなことを思いながら、

ずいぶん余裕になった自分に気付く。

 

いや、ホント。

人は余裕が大切。

しょ~もないオトコをつかまない為に

人を見る目を養うのみ。

 

最近いろんな人と会う機会を増やしているのだけれど、

全く知らない人と初めてあうのに欠かせないのが

事前情報。

会話のやりとりで、その行間を読むっていうのが

まさしくぴったり。

 

コレできないと、そういうことかい?

ってことに気がつかない。

 

男だって、警戒しているので

初回の時の会話っていうのはなかなかホンネが出ないことが多い。

 

でも、そのうちわかってはくると思う。

 

19:30の待ち合わせを指定すると

お店が混んじゃうからという理由・・・

 

なんぼほど小さい店?

いっぱいあるやろさ?

 

ある男の見解では、

 

ラブホに行く時間が、宿泊になるからやろ?

 

そういうこと???

 

ごはん → もしかしたらバー → ホテル

 

という流れ。

しかも行きやすいように

ごはんは、すぐ裏がラブホ街になっている場所。

 

 

なるほどね~。

 

この待ち合わせ場所来たら、そういうことやね。

 

確かに、そんなに大した店はないところ。

好きな人はこの区域好きよね~って思ってはいたのだけれど

そういうことですか??

 

40過ぎてもそれに全く気が付かない

アラフォーこじらせ女子。

乙女なところもあります・・・www

 

世の中には、あわよくば男性陣がほとんど。

傷つかず、出会いを楽しむためには、

やはり行間を読み解く事と、

相手を見抜くための会話をすべきだよね~

 

そして同時に最初のつかみで失敗すると

あとはないってこともわからないと。

 

-恋愛, 日記
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

年下男子とアラフォー女子の叶わない恋

    何年か前のことだけど、 ゆいたんの働く職場に一回り以上も年下の 同僚がいたの。   そりゃ~かわいくてさ。 少々イケメンだしね。 ある雨の日、傘を忘れて濡れて職場 …

イケメン鍼灸師と頭脳派ドクターの間で揺れ動く恋

20代のころ、腰が弱いゆいたんは、ハリ治療に通っていた。 先輩と一緒にいってたんだけど、 30センチくらいあるハリを、ひざからしゅ~~~っと入れてしまう名医のおじいちゃん先生が院長だった。 とってもか …

カフェ

おひとりさまカフェの有意義な過ごし方

お茶をする って文化は男子にはあんまりない。   女子がよく使う言葉は お茶しよー ごはんいこー   お酒はどっちでもいい。 要は、私の話を聞いて〜 なのだ。 ゆいたんが、カフェで …

待ち合わせ場所に到着寸前で来なかった最低な婚活オトコ

    待ち合わせ場所に到着寸前で、逃げ出した40オトコ。    恋愛に夢見るこじらせアラフォー女子ブログ40歳超えても逃げ出したい?どたんばでひるむオトコht …

殴りたい気持ち

男の判断どっちが重要!?迷わずとも中身と言いたいがそうもいかない顔のよさ!

年下36歳のイケメンくん。 LINEスタンプのジェームズが良く似合う。 最初の印象とは打って変わって 2回目以降からのLINEの言葉がひどいひどい。   ゆいたんにとっては初めてのサンプルケ …

検索

 

❤ ゆいたん ❤

結婚に夢を抱くアラフォーキャリアウーマン。

美味しい物と好きな人たちに囲まれてHappyに生きれたらそれでいい。結婚は・・・なかなか活動に出ることができないアカンタレな一面をなんとかすべく、努力はしているが、いまだ成果なし。

「このまま一生恋人ができますよ」という神の声があれば、結婚しないで、人生楽しむのになといつも思ってる。