恋愛に夢見るこじらせアラフォー女子ブログ

結婚していなくても、それはそれでバラ色な生活

仕事 恋愛 日記

仕事は効率化が決め手

投稿日:

仕事ができる女性

ゆいたんはもしかしたら仕事ができるのかしら?

とか思ってしまう今日この頃。

誰に相談してもそういわれる。

 

もっともっと効率よくちゃっちゃと仕事をすませたい

せっかちゆいたんとしては、まだまだ足りない。

 

決してできているわけではないけれど、常に効率よくしたいと思っている。

昔ピアノの先生に

「めんどくさがり屋は、上達が早いんだよ。」

と言われたことがあった。

 

ゆいたんが習っていたピアノの先生は、男の先生で少し気難しい。

そして、バッハがひけないと発表会に出られないし、

大きな発表会のほかに3か月に1回、教室での演奏会があった。

ここにきている方たちは、とっても熱心な人が多くて、

一人で15分くらいかかるソナタとか、平気で弾いちゃうひとばっかりで

ゆいたんはいつまでたっても、ペーペー。

たいていトップバッターの演奏者だった。

 

ピアノの練習方法

・最初から弾かない。

・1小節を何度も何度も繰り返し練習

・段落を作って、通してひくのも4~8小節だけ

 

小学生にとっては、つまんない練習方法だし、まあまあ根性がいる。

 

ゆいたん、いつも母上が隣について練習していた。

母は、ピアノが弾けないしよくわかっていないのだけれど、

ゆいたんが間違えたところはすぐにわかってしまう。

 

そんなもんだよね~。

 

だから、俗にいう“つきっきり”で練習してたわけ。

それから、必ずその練習方法をするから、いろんな点で役に立っている。

ダンスをするときもできないワンフレーズだけ必死で行う。

 

それが効率よく確実にスキルを手にする方法

ついつい楽しいこととか、じゃんじゃん最初から通してやっちゃいがちだけど、

できないところだけをしっかりやっていれば、必ず身に付く。

人はそういう環境に身を置かないと、分からないもんだよね。

10コのプロジェクトを抱えている人と、

3コのプロジェクトを抱えている人では、

要領が違う。

自分ができることが多いと、自分でやってしまうけど、

できなかったら、できる人に頼むということができる。

 

仕事の現場に置いて、よく全部自分でやってしまう人がいるけれど

気が付けばいっぱいいっぱいになって、追い付かなくて自滅。

そんなみっともないことにならないためにも。。。

 

とはいえ、期限はやってくる。

なかなか効率よくといっても、忙殺されると、なかなか厳しい。

 

でもね、容量って増えてくるから、あれほんと不思議。

ゆいたん、年々、できることが増えている気がするんだよね。

ちょっとずつ自信とステップアップ。

そう思って頑張りたいと思いマス。

 

・・・おっと。こんな時に気まぐれなLINE。

士業の彼からです。

これはこれは・・・さて、どんなLINEが来たのか楽しみ・・・・

 

-仕事, 恋愛, 日記
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コンビニワインのアリアニコで夜中に乾杯!コスパ最高のクリスマスパーティー

やってきましたよ。 クリスマスイヴ!!   LINEでは「クリスマス」を入れると、 背景が真っ暗になって、コニーやブラウンが祝ってくれる。   グループラインでぞくぞくと 「メリー …

8歳年下男子との恋愛の難しさ

    ゆいたん、たいがい社内恋愛はひととーり行ってきてる。 知られてはならないドキドキ感! を、別に味わいたいわけではなくて、たまたま。 まさか、わたしのことを職場で、 女として …

2018年新年のスタート!元旦に連絡が来るのは本命枠ではないオトコ

新年あけましておめでとうございます。 年末年始のゆいたんは、そこそこのデートの約束のみで あとは全くの寝正月。 そうこうしている間に 仕事復帰まで、残すところ、あと2日となってしまった。 お休みは過ぎ …

韓国明洞

やっぱりステキに見える韓流男子

久々の海外出張。 しかも、お近くの韓国。   空港行く前の特急列車から、Away感。   ここはまだ日本なのに、日本人乗ってない気がする。   まぁいい。   …

手をつなぐ

50代男性とのデートで感じたがっかりポイント

手をつないだときのふっくらした感覚。 これがあるかないかでずいぶん違う・・・ これがキュンポイントなんですよね~。   大きくてあったかい手。 すべてを包み込むような男性を感じる肉厚の手のひ …

検索

 

❤ ゆいたん ❤

結婚に夢を抱くアラフォーキャリアウーマン。

美味しい物と好きな人たちに囲まれてHappyに生きれたらそれでいい。結婚は・・・なかなか活動に出ることができないアカンタレな一面をなんとかすべく、努力はしているが、いまだ成果なし。

「このまま一生恋人ができますよ」という神の声があれば、結婚しないで、人生楽しむのになといつも思ってる。