恋愛に夢見るこじらせアラフォー女子ブログ

結婚していなくても、それはそれでバラ色な生活

仕事 日記

40代女性中間管理職の悩み、すべきこと!独身アラフォー頑張り編

投稿日:2017年10月27日 更新日:

 

 

中間管理職ってのは、まあ、厄介。

 

マネジメント&プレイヤー。

 

ここをこなすことができたら、ゆいたんも一人前になれるのかと。

 

色々考えてきたけれど、このプリンスへのトキメキの気持ちで、無事に自分というものをとりもどせた、ゆいたん。

 

仕事をしていくうえで、まずは自分と向き合い、自分を知ること。

 

 

どんな時に自分はどうなるのか?

 

 

これがわかっているようで、なかなかわからない。

 

 

ましてや部下が、自分と同じレベルではないのだから、配慮が必要。

 

ゆいたん的には、ハテナ?がいっぱい飛ぶくらい、わからないことだらけだったのだけれど、

このたび、心を入れ替え、歩み寄ることにした。

 

 

役職者だけが出席する会議には、ヒントがいっぱい。

尊敬する上司と時々遭遇。

ごはんに連れて行ってもらったりして、話をする。

 

私の話を聞いて、

この会議に出ている時点で、出ていない人とは大きな差があり

立場も当然ながら違う。

あなたはできる人だからこそ、この役職がついている。

役職がついてからするのではなく、できるから、その役を与えられるのだと。

 

気づき。。。。

 

まずはじっくり、自分なりに仕組みを考えて

どうやったら仕事が回るのか?

部下をサポートして、縁の下の力持ちになることが求められる。

 

 

できる部下は引き上げればよい。

 

 

できる部下なら、自分を追い越してる。

 

 

ゆいたんは、人はそう簡単に変わらないと思っている。

 

でも教育の仕方、環境で、いかようにも人は成長する。

 

 

自分の感情と性格とうまく付き合うこと。

 

 

いらだちは心の余裕のなさ。

 

私は “ できる人 ”

 

だから、必ずできる!!

 

そう言い聞かせて、冷静に判断。

 

 

アラフォーにもなって、役職のひとつもついていないなんて!と転職した30代。

今、プリンスのおかげで、気づくことができた。

 

これもタイミング!!

 

 

ひそかに感謝❤

 

 

私の周りには

・師匠

・同じ環境、立場の先輩

・異業種の信頼おける同志

 

そして、何でも言える上司

 

がそろっている。

 

見方を変えると、なんて恵まれた環境。

 

今、自分に与えられた役割に、心から気づけてよかった。

チャンスをみすみす、棒に振るところだった・・・・

 

 

という気づきが、最近のゆいたんにはあったの。

 

女性は、出産・育児で、なかなか仕事を続けることが難しいときもある。

両立している人もいるけれど、少なからず何かを犠牲にしている。

 

結婚がしあわせかどうか?

 

 

こたえは “ 幸せ

 

 

では独身はどうか?

 

 

これもやっぱり  “ 幸せ

 

 

幸せは探すのではなく、幸せになることを選択するのだと思う。

そして、自ら、幸せを作っていくもの。

 

Happyは、自分が引き寄せるもの❤

 

 

結婚していないからこそ、得られる幸せを

今はめいっぱい楽しもうかと

ゆいたんはかんがえております❤❤❤

 

 

あっ!クリスマスパーティの企画依頼が来た!

昨年はサンタコスに全力を注いだっけ?

 

今年もいっちょ、セクシーサンタ、いっときますか!!

 

 

-仕事, 日記
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

手をつなぐ

50代男性とのデートで感じたがっかりポイント

手をつないだときのふっくらした感覚。 これがあるかないかでずいぶん違う・・・ これがキュンポイントなんですよね~。   大きくてあったかい手。 すべてを包み込むような男性を感じる肉厚の手のひ …

Yanis Marshall

ヤニスマーシャル 10センチヒールで踊るセクシーなパリの男性ダンサーに夢中

ついに見つけた!私の王子様❤   というくらい、心を奪われた最近の出来事!   見よ、この違和感。   パリのダンサー   Yanis Marshall(ヤニス …

タイプ過ぎてどうしてもあきらめられない男。いっそ嫌いになれたらいいのに・・・

    人には理屈抜きで好きになってしまう   タイプ   ってのがある。   あんなことや、こんなことをされて   もうムリ!! &nbs …

イケメン鍼灸師と頭脳派ドクターの間で揺れ動く恋

20代のころ、腰が弱いゆいたんは、ハリ治療に通っていた。 先輩と一緒にいってたんだけど、 30センチくらいあるハリを、ひざからしゅ~~~っと入れてしまう名医のおじいちゃん先生が院長だった。 とってもか …

言葉のプレゼント

伝え方で変わる!言葉のマジック~ことばの大切さ~

同じ言い方なのに、 とても心地よくされる場合と、 何かカチンとくる話し方がある。     ゆいたんが一番自分にお金をかけるところ。 そう自己投資は、最大の有効的なお金の使い方。 & …

検索

 

❤ ゆいたん ❤

結婚に夢を抱くアラフォーキャリアウーマン。

美味しい物と好きな人たちに囲まれてHappyに生きれたらそれでいい。結婚は・・・なかなか活動に出ることができないアカンタレな一面をなんとかすべく、努力はしているが、いまだ成果なし。

「このまま一生恋人ができますよ」という神の声があれば、結婚しないで、人生楽しむのになといつも思ってる。