恋愛に夢見るアラフォーこじらせ女子ブログ

結婚していなくても、それはそれでバラ色な生活

婚活 恋愛 日記

50代男性の恋愛スタンス

投稿日:

アラフィフ男性

先日、出張に行った際に出会ったご新規さん。

関西出身ということで、少し安心感もあり会うことに。

 

年齢は50代前半。

写真は相当若く見える。

話している内容的には問題がなさそうで

ひとまず、待ち合わせをした。

 

アラフィフ男性のあの自信はいったいどこから来るのだろうか?

というくらいの自信に満ち溢れた言動。

これは本当に50代でしか出せない味。

今までのキャリアが、あの自信を育てているんだね。

 

聞けば、海外勤務も長く

大手企業のおそらく重役だろうなというのは見て取れる。

詳しく内容を聞かなくとも、帰ってWebで検索すれば、

ほら、出てきた。

 

しかも少し前の素敵な写真。

 

仕事ができる男性ってやっぱりカッコイイ。

その日は、待ち合わせした場所もディープな下町だったんだけど、

コスパのいい店があるらしく、

なんてもない普通のバルに入ろうとしていたのだけれど

予約はできず、(してないんかい?と思ったけど)

結局入れなくて、別の店に。

 

コギタナイ焼き鳥屋。

 

え~~~~っ!

このさ、慣れない土地で慣れない人と初めて会うのに

女性への配慮はないんかい?

後から、ミニGが目の前を通過したからね。

 

ハイ。もうここでゆいたんの

安心安全ゾーンは確保されなくなったわけで。

 

そうなるとこの後の関係性は

警戒心でしかないわけです。

 

関係を先へ進めるというより、

ゆいたんの宇宙船のようなバリアが張られてしまった。

超敬語。

そして、はよ帰りたい。

食欲失せ吉。

 

そういうわけで、19:00集合からの21:00終了。

 

ところが、帰りに

「また会おうよ」

と、

 

マジで言ってのか?本気か?

 

疑心暗鬼で「もちろん」と返事をしたものの

まだまだ警戒中。

で、結局、その後のラリーが続いたのは、

翌日の自宅に帰った夜の話。

 

真夜中のLINEややり取りは、燃えますからね。

次に会った時にはどうなることやら?

中身がほぼ外国人のようなところがある今回のアラフィフの彼。

確かにイケてます。

少しお腹は出ていたものの、あと5キロは締めると言っていたので

自分の体力と年齢と容姿にはとても美意識が高い。

どうやら、あちらの処理などもしているとのこと。

↑この情報、今いるんかいな?

と思いつつ・・・・

 

ゆいたんは最近“歯間の汚れ”を気にしているから

ついつい歯の間を見てしまう。

このきったない黄色い歯でキスされるんか?とか

見てしまうもんだから、彼の歯をしっかり見てしまう。

 

もちろん、楊枝は使いますよ。

ごはんの後に。

 

デンタルフロスをした時の、

びっくりするくらいの異臭に倒れそうになることを想像すると

やはり歯の隙間はチェックしたいものだ。

 

にしても、セクシーなオトコの色気というのは

このモテまくったであろう、

そして何だったら今でも

けっこう需要があるのではないかという

この感じが出るのは納得できる。

 

世の中のアラフィフ男性はやはりこうでないと

なかなかモテないだろうな・・・

ちょっと自信有りなのが気になるけれど

彼はおそらく、自分のことが好きで

歯に衣着せぬ言い方。

そして変な気を全くもって使わない人で単純な人。

 

オレのキライのところなかった?って

後々に聞かれたから、

ゆいたんとのごはん中にもLINEを見て何度が返事してたから

あれは何?と聞いたら

ゴルフの誘い。とのこと。

気にすることないよって言ってたけれど、

いやいや、そういうところ、細かくチェックしてんだからこっちは!!

 

と思いつつ、次に会ったらなくもないかも?と思ってきた。

 

彼は遠距離ねえ~したことないな~と言っていたので

それなりの関係をゆいたんと築くつもりなのか・・・・。

 

一応独身。バツイチ。

お子様も30歳近くなので、もう独立だよね。

 

今後の彼女になる人が

子どもが欲しいのか、そうでないのかで

全く持って人生変わるよね。

 

彼との場合、ゆいたんは子どもを産まない選択肢の方がいい気がする。

 

さて、この彼と今後どうなるのか・・・・。

-婚活, 恋愛, 日記
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

不可能を可能にする方法

    “できない”ということを知らなければ、 “できる”という選択しかない。   6歳の男の子が、ある事情から10段の跳び箱に挑戦するのだけれど 跳べなくて、何度もなん …

美化される過去の恋愛~今だからいいとわかっていても、ついついあの時を振り返る~

久々の出張でお江戸へ。 翌日の研修に参加すべく、前泊にて❤ ご褒美的な感じで、ドクターの彼にアポイント。 予定を空けてくれて、ゆいたんとディナーデート。   再会1年記念ディナー♪ &nbs …

美肌

美肌はモテる?身体の中からスキンケア

美肌は七難を隠す と、言われたものだけれど 本当にそう思う。   ゆいたん、もともと肌のキメは細かいほうで あまり苦労したことはなかったのだけれど ここ最近、やっぱり気になりだした。 VIO …

空気の読めない部下の発言に深く傷つく・・・女の敵は女!

40代。 自分がなってみて、私も若い時には生意気だったのだろうか? などと色々考える。   ちょっとずれたアラサーが会社にいるんだけど、 本当にズレすぎていてびっくりする。   何 …

30代の枯れたオトコ

既婚30代男の枯れっぷり

前述のオトコ  恋愛に夢見るアラフォーこじらせ女子ブログこんな男に注意!!婚活アプリで見つけた最低なヤツhttps://rennaiarafo.com/badmans/「ボク結婚してるけれど …

検索

 

❤ ゆいたん ❤

結婚に夢を抱くアラフォーキャリアウーマン。

美味しい物と好きな人たちに囲まれてHappyに生きれたらそれでいい。結婚は・・・なかなか活動に出ることができないアカンタレな一面をなんとかすべく、努力はしているが、いまだ成果なし。

「このまま一生恋人ができますよ」という神の声があれば、結婚しないで、人生楽しむのになといつも思ってる。