恋愛に夢見るアラフォーこじらせ女子ブログ

結婚していなくても、それはそれでバラ色な生活

恋愛 日記

好きな彼のことで頭がいっぱいで、手も足もでないときに唱えるとよい言葉

投稿日:

けっこう重めな会議を終日行い、

今年の最後のお仕事イベントが終了したゆいたん。

 

あらためて自分にメリークリスマス!

 

これから人間らしい生活に。笑

 

 

こちらで、いろんなお話しをして

たまたま、一緒に飲んだ彼女と恋バナになり

(お決まりのシチュエーション)

 

カクカクシカジカ、プリンスの話をしてみたら

冷静にアドバイスをくれた。

 

“プリンスは大した男じゃない”

 

はい言って!口に出して言って!

 

“・・・プリンスは大した男じゃない”

 

もっと大きな声で、もう一回!

 

“プリンスは大した男じゃない!!”

 

どう?口に出してみたら、大したことなくない?

 

・・・確かに。声に出すというのは割としっかり自分の中に入ってくる。

 

 

大したことないのだ、所詮は。

なのに、プリンスの一挙手一投足に、敏感に反応しすぎ!

ということらしい。

 

その大したことない彼を好きなんだけれどね・・・・www

 

 

そんなもの。

好きな人に大した人、大したことない人、色々いる。

大したことある人でも、自分が好きじゃなかったら

大したことない行動に出るから、緊張もしないで

素の自分を出せる。

 

 

好きな人、興味のある人の前では、

自分を作ってしまうし、かわいくいたいと思う。

でも案外、楽ちんな自分の姿を出すのがいちばん。

 

プリンスは、顔にすぐに出ることが特徴。

 

そんな彼を好きなのだけれど・・・

 

それは素がみえているからなのかも❤

 

いずれにしても、声に出して言うと大したことないでしょ?

だから、きっと親友のように話せるよ。

 

 

 

師匠、納得っス。

 

 

これに伴い、今起きている私の中の出来事も案外そんなものなのかも。

仕事を辞めることだって

実はたいしたことじゃないし、

たまには気楽に考えてみてもいいかもしれない。

 

めげずにごはん、誘おう!!

変なプライド持ってても仕方ない。

 

恋の呪文は意外と簡単。

大したことない!って声に出すことが肝心。

 

恋愛中の皆様も。

ごぶさたの皆様も。

片想い中のキュンキュンゆいたんみたいな皆様も。

 

子どもみたいな話だけれど

大人になると思い込みでこうなる。

凝り固まった40代の封印をほどくべしですな。

 

彼女は、実際にプリンスをよく知っていて

“ほんっとに大したことないから、彼!”

と大笑いだったけど。。。(^_^;)www

 

 

 

 

-恋愛, 日記
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

美しい40代女性になるために必要なこと3選

    プラダを着た悪魔の、オープニング曲。   Suddenly I see     聞くたびに、気持ちが上がる。 Tバックを履こう!って思う。 も …

思考は現実化する!?大事なのはイメージ力

思考は現実化する   って本も出ているくらい、イメージ力は大切。     先日、またまたラテアートのワークショップに参加。 (もう、3回目・・・そんなに行かなくてもいいん …

ハートチャクラ

チャクラを開く瞑想の効果

Youtubeで、瞑想の音楽を検索し それをかけながら、毎日20分の瞑想を心がけているゆいたん。   あぐらをかくようなポーズで、楽にしながらも グランディングして、大地を感じる。 &nbs …

一緒にいてラク

一緒にいてラク・・・とは

一緒にいてラク・・・ それで思い出したけど、 ゆいたんには永遠の恋人ともいえる 鍼灸界のキムタクがいるんだ。  恋愛に夢見るアラフォーこじらせ女子ブログイケメン鍼灸師と頭脳派ドクターの間で揺 …

美肌

美肌はモテる?身体の中からスキンケア

美肌は七難を隠す と、言われたものだけれど 本当にそう思う。   ゆいたん、もともと肌のキメは細かいほうで あまり苦労したことはなかったのだけれど ここ最近、やっぱり気になりだした。 VIO …

検索

 

❤ ゆいたん ❤

結婚に夢を抱くアラフォーキャリアウーマン。

美味しい物と好きな人たちに囲まれてHappyに生きれたらそれでいい。結婚は・・・なかなか活動に出ることができないアカンタレな一面をなんとかすべく、努力はしているが、いまだ成果なし。

「このまま一生恋人ができますよ」という神の声があれば、結婚しないで、人生楽しむのになといつも思ってる。