恋愛に夢見るアラフォーこじらせ女子ブログ

結婚していなくても、それはそれでバラ色な生活

婚活 日記

選ぶべきは、バツイチ子持ち男性!?

投稿日:2018年5月27日 更新日:

子持ちバツイチ

今日は、SEくんとのデート。

<条件>

高身長

高収入

 

本当に優しくて、

気がラクで、

ゆいたんをお姫様のように扱ってくれる。

 

相変わらずの敬語トーク。

 

このままいくと、長〜いお付き合いのまま終わりそうだし、

いつまでも発展しないような気がして、

 

敬語そろそろやめません?

 

と提案。

とは言え、ぎこちないトーク。

お互い少し、敬語の方がラクみたいで。笑

 

 

ありがとう・・・ございます

語尾がもごもごしちゃう。

 

彼は子持ちのバツ1。

子どもとは別居だけれど、時々会っているみたい。

 

お子さんの写真見せて

 

というと、見せてくれた。

 

あ、そこ躊躇しないの・・・?

 

 

取り立ててかわいいわけではないけれど、

本人にとってはかわいいのだ。

 

ゆいたん、人生を振り返り、

あの時、〇〇だったら・・・

 

そう、タラレバ物語なんだけれど、

 

あの時、この道を選んでいなければ・・・

今はなかったんだろうけど、

どんな人生を歩んでいたのだろう・・・と

 

そんな話をしてみた。

 

彼は、やっぱり奥様との結婚生活が

とっても窮屈だったようで、

それを思うと、あの時あの場所にいっていなければ

奥様と出会うこともなく、結婚もしていなかっただろうな・・・・

 

でも

 

それだと、今の子どもに出会えてないし・・・・

 

 

このことを、親友Mちゃんに話すと、

 

やっぱな。

子どもが一番やねん。

なにものにも変えられへんねん。

今はまだ生活してないから

いいところだけしか見てないから

気がづかないけれど、

 

子どものいる彼には、子どものいない私の気持ちが、

子どもがいないゆいたんには、子どものいる彼の気持ちが、

わからないのだ。

 

確かに。

 

子どもは今は小さい。

そのうち、年頃になり、お金も必要になるだろう。

父親が恋しくなる日も来るだろう。

 

そんな時、やっぱり一番は子どもになる。

 

 

初婚のゆいたんには、数少ない独身男性の中からだが

初婚のいい人を選ぶのが一番だ。

難しい。

難しいが、必ずいる。

 

親友Mちゃんの言っていることは、正しい。

 

初婚で婚活中の皆様には

極力、初婚をお勧めする。

すべてそうだとは言わないが、

後で泣くのは自分だ。

 

お姫様扱いしてもらっても

そこだけは、やはり冷静なゆいたん。

 

雪解けはまだまだ遠い・・・・

-婚活, 日記
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

40代独身こじらせ女子の恋愛ブログ

    はじめまして。 アラサーを語るヒマもなく気が付けば、 40をとっくに越しまして、 あと少しで42歳になります、ゆいたんでございます。     30になる …

バレンタインチョコ

バレンタイン2018 おすすめチョコレート会場3選

もうすぐやってくる日本の一大イベントのひとつ バレンタインデー   女性が好きな男性に想いを込めてチョコレートを贈る。 高級チョコレートや手作りチョコレート 甘いものが苦手なカレには、また別 …

正論は組織では通用しない

元旦からこっち、寝正月を送っていたけれど、 いよいよ仕事始まり。 あんまりイヤでもないんだけれど 相変わらずモチベーションが上がらず・・・   そんな時、別部署の同僚とたまたま新年会で隣り合 …

アラフォー婚活

譲れない男の絶対条件

例の結婚相談所。  恋愛に夢見るアラフォーこじらせ女子ブログ40代からの結婚相談所入会についてhttps://rennaiarafo.com/kekkonnsoudannjyo/Omiaiア …

自分本位の恋愛

自分本位の恋愛してませんか?

絵に描いたような、頭脳派エリートサラリーマンと 叩き上げの経験がものをいう、泥臭い営業マンと   同じ条件なら、どちらを選ぶか?   今まで出会ってきた方の中で観ると、 ゆいたんの …

検索

 

❤ ゆいたん ❤

結婚に夢を抱くアラフォーキャリアウーマン。

美味しい物と好きな人たちに囲まれてHappyに生きれたらそれでいい。結婚は・・・なかなか活動に出ることができないアカンタレな一面をなんとかすべく、努力はしているが、いまだ成果なし。

「このまま一生恋人ができますよ」という神の声があれば、結婚しないで、人生楽しむのになといつも思ってる。