恋愛に夢見るアラフォーこじらせ女子ブログ

結婚していなくても、それはそれでバラ色な生活

婚活 恋愛

待ち合わせ場所に到着寸前で来なかった最低な婚活オトコ

投稿日:2017年9月5日 更新日:

 

 

待ち合わせ場所に到着寸前で、逃げ出した40オトコ。

 

 

私、彼とのやりとりの中で、下の名前とプロフィールに載っている情報しか知らないことになっていたのですが、、、

 

と~ぜん。私調べますよ。

 

ネットで、フルネームがさっと出てきて、会社情報、Facebookすべてにおいていろんなことが出てきました。

ほうほう。

なるほどね。

 

でもさ、Facebookだと「しりあいかも?」に出てきたらいけないしあんまり見ないようにしていたわけよ。

 

 

で、新幹線で自宅に帰っている間に色々考えて、Facebookのメッセンジャーでメールをしたわけ。

 

でもさ、ここでポイントなのは、

 

被害者意識を持たないこと!

後で心に残る状況にならないこと!

 

が、大切なわけ。そうするにはまず避けたいこととして

 

メールを無視されること。

 

これは一番心残りになる。

人は“未解決事件”が心に残るから。

ギャーギャー責めたてることを書くと、人は無視してブロックだと思う。

(過去何度もあったからね~。あれ残るんですわ)

 

なので、ゆいたん考えた!

 

「待ち合わせ場所で待っていたのですが、いらっしゃらないので・・・

何か失礼なことしましたでしょうか?」

 

と丁寧な大人の対応。

 

そしたら、翌朝、メールがきましたよ~~~~~。

 

「申し訳ございません。」から始まって・・・

 

正直、直前になって会う気がしなくなったと。

 

自分は今、社員のことや経営のことで、解決しなければならない問題がたくさんある中で、初めての人に会う時間はないと。

 

はあ???

 

それはオノレの理由だろう~が。

それとこれとはわけが違う。

しかも、

 

“すべては僕の責任です”

 

と、文章内に前後の改行までされて、こう記載。

 

何をかっこつけてるのか?なんの責任を取るのか?

責任の意味、勘違いしてない?

じゃあ、時間を戻してください~!!って言ったらできるんか?ワレ。

 

という内容なのに、堂々と“責任”ということばを使う。

40超えた、いい年したオッサンが?

社員がかわいそうだ。

 

 

 

そこでわたくしめ、あきれてふさがらない口をきゅっと閉じまして、第2回戦。

 

「お気持ちはわかりました。」からスタートして、、、

でもさ、あんた簡単に言うけど、こっちも時間とお金さいてアンタに会いに行ってこういうことされて、責任っていうなら、往復の新幹線代を払えよ!

ってことを丁寧に書いたわけ。

 

これについて今後、どうこう言わないけれど、責任というならそれぐらいしたら?という提案を持ちかけたわけ。

 

そしたら・・・・

 

「正確な金額が分からないので領収証をいただけませんか?」

 

ときた。

 

領収証?

お金きっちりしか払わないつもり?

領収証ってオノレの失態を会社の経費で落とす気か??

 

これには、本当にあきれてモノが言まへん。

 

しかも私、グリーン車しか使わないのですが?

(ゆいたんは役職ついてから、自腹でグリーン車に乗るよう師匠からご指導いただいている)

もしや、おたく、普通車で移動とかしてるの?

その時点でまあまあびっくりだけど?

 

まあその程度のオトコだったけだ。

 

もう話にならない。

 

「領収証?そんなのありませんよ。プライベートですよ(笑)

 

(笑)って入れてやった。

 

しかもFacebookに共通の知り合いがいたので、その方にこの人知ってるの?って聞いたら

「サイト上で友だちなだけで、実際は知り合いじゃない」

という。

他の友だちにも検索してもらったら、何かしら共通の友だちがわんさと現れた。

なので、「友だちも多いようですし、今後何かでつながることもあり得ますので、あとくされなく終わりたいと思います」といって締めた。

 

そしたら

「まだこちらにいらっしゃるのであれば、直接お会いして謝罪したいと思います」

とな。

 

はあ?

 

謝罪?するために会うの?

 

それができるなら、最初から逃げなきゃい~じゃん。

世にもかっこ悪い男となったわけです。

 

おわっとる。ホンマにおわっとる。

 

 

 

ま、とにもかくにも、高い勉強料となりましたが、こうやってブログのネタができたわけで私としてはよかったのかもしれないけれど、、、

ゆいたんの反省点としては、

・タイプでもないのに、年収に惹かれたこと

・もう少し関係性を築いてから会うべきだったということ

 

その後、Facebookはブロックしましたが、まあこういう人も婚活している中ではザラにいるということ。

 

これはあくまでも“出来事”としてとらえるだけで、向こうからしたら、完全に俺は悪くないとでも思ってると思うけどね。

そんなことはどうでもいい。

 

その後、このアプリで知り合った人とは、仲良くごはんしてます。

だからホント人によります。

人を見る目は養えるかもね!

 

追伸:その後、そいつからの振込はございませんでした~♪

責任、とってないやんけ。

 

 

-婚活, 恋愛

執筆者:


  1. […]  恋愛に夢見るこじらせアラフォー女子ブログ 待ち合わせ場所に到着寸前で来なかった最低な婚活オトコhttps://rennaiarafo.com/dotanbaotoko2/  待ち合わせ場所に到着寸前で、逃げ […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

恋活アプリ活用術5つ

恋活アプリ活用術5つ

    恋活、婚活アプリというものが、最近では珍しくなくなってきた。   本来、私はこういうのは苦手だけれど、Facebookを見ていると広告に出てきたので何となく登録。 …

手をつなぐ

50代男性とのデートで感じたがっかりポイント

手をつないだときのふっくらした感覚。 これがあるかないかでずいぶん違う・・・ これがキュンポイントなんですよね~。   大きくてあったかい手。 すべてを包み込むような男性を感じる肉厚の手のひ …

年下男子とアラフォー女子の叶わない恋

    何年か前のことだけど、 ゆいたんの働く職場に一回り以上も年下の 同僚がいたの。   そりゃ~かわいくてさ。 少々イケメンだしね。 ある雨の日、傘を忘れて濡れて職場 …

40代アラフォー女子のヘンタイごっこ

男の子はたいがい変態。 少なくとも、今までゆいたんがであった男性は すべて変態な部分を持っておられました。    恋愛に夢見るアラフォーこじらせ女子ブログわろてんか NHK連続ドラ …

婚活パーティーマジック!かっこよく見えてしまう瞬間

    前回の、六角くんで懲りたはずが・・・   またもややってしまった。   心が折れかけてるときに、婚活パーティにはいくもんじゃない。   なんだ …

検索

 

❤ ゆいたん ❤

結婚に夢を抱くアラフォーキャリアウーマン。

美味しい物と好きな人たちに囲まれてHappyに生きれたらそれでいい。結婚は・・・なかなか活動に出ることができないアカンタレな一面をなんとかすべく、努力はしているが、いまだ成果なし。

「このまま一生恋人ができますよ」という神の声があれば、結婚しないで、人生楽しむのになといつも思ってる。