恋愛に夢見るこじらせアラフォー女子ブログ

結婚していなくても、それはそれでバラ色な生活

恋愛 日記

8歳年下男子との恋愛の難しさ

投稿日:2017年9月17日 更新日:

 

 

ゆいたん、たいがい社内恋愛はひととーり行ってきてる。

知られてはならないドキドキ感!

を、別に味わいたいわけではなくて、たまたま。

まさか、わたしのことを職場で、

女として見てるなんて思わない。

ふっつーに、ごはんに行っただけなのに、

帰りに突然のキスから、そういう流れに、、、

 

退職します!

 

なら、最後にごはんでも?

 

いーですねー。

 

でもなんでこの人が!?

 

 

いや、社内では声かけれないけど、

やめると言われたから、僕の胸のうちをいうと、、、

なんてこともザラ。

 

NOと言えない日本人だし、

イヤな人とはごはんに行かない主義だからさ、ついつい。

そして、また、ハマらないという特技を持ってるので、

実にあっさりビギニング!的な。

 

まぁ、ドキドキ感はあるし、タイプだし~

ともなれば、それは起こり浮くべくしてある

シチュエーション。

 

 

 

ときは、数年前。

 

わたくしめは当時、役員秘書。

相手は8歳下の新卒の男の子。

↑これまた年下。

 

国立大学出身で、国家試験なんか満点で通る子。

 

なんで、この会社に入ったの?

といいたくなるようなエリートくん。

 

彼の友達が、彼女を探しているので、

ゆいさん誰かいい人紹介してくれません?

 

いやいや、年齢差考えて!!

そんな年下のかわいい女の子が友人にいるわけもない。

 

まずは、年功序列ということで、

わたくしめのパートナーを紹介してくれ~

ってな感じで、

 

なら、一度その打ち合わせも兼ねて、

まずは一緒にごはんいきません?

 

と誘われた。

 

当時、秘書は社員との交流はご法度。

新卒だから、知らないのか?

そう!ワカモノは

怖いもの知らずなのだ!!

知らないって神。

とっても幸せなことでもある。

せっかくのお誘い。

 

ひとまず、ごはんへ。

 

連絡先をこそっと交換し、当日を迎えた。

ごく端的なメールのやりとりで、連絡事項のみ。

 

もちろん、待ち合わせしてもときめくはずもなく、、、

精一杯努力して、見つけてくれた、彼なりのお店。

 

かわゆいではないか。

 

しかも、通されたのは個室

 

ラブソファ。

 

本人絶句。笑

 

これ。どーゆぅ、、、?

 

いや、違うんです!

変な気持ちはなくて。

間違えましたーっ!すみません!!

ほんと、すみません!!

 

って必死に謝ってきた。

 

 

 

可愛すぎるではないか。

 

いーよ。

まぁ、せっかくのシチュエーション、私でゴメンねー。

なんていいながら、ソファへ。

なんじゃかんじゃ話しているうちに、

 

あ、あれなに?

と言われて、そちらに振り向くと、

チュッ💋

って、ほっぺたに。

 

え?今のかわいいの何?

 

だんだん可愛くなってきた。

 

と言われ、何だかいいムードに。

はい~。盛り上がってそのまま3日間、家に帰りませんでしたー。

 

にしてもさ、あっち向いてる間にほっぺたにキスって。

若者のくせに、古すぎる~~~!!

 

あとで考えたら笑けるのもイイトコロ。

ま、しばらく続いたんだけど、

僕の好みは“純朴”だとか言い始めて。

8歳も年上の女性が、純朴なわけないやんけ。

結局部署が変わるまでは、携帯電話なんかも

おそろいにして、通話料無料ってやつね。

 

若い恋愛をして楽しみ、別れました。

年下好きだけど、年下との恋愛はホンマに難しい。

大人ぶってもアカンし。

 

ま、どうかしてましたね。あれは。

 

ゆいたん史上、恋愛にカウントしたくもない 出来事でした!

-恋愛, 日記
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

年下好きのアラフォー女子必見!18歳差もなんのその!?

    年下を好きになるにもほどってもんがあるでしょーが? と言われるんだけどさ。   精神年齢17歳の見た目30代?のこじらせ女子としては、 なかなか年齢差を理解する機 …

仕事ができる女性の特徴3つ

ゆいたん、アラフォー独身女。 それはわかっている。   だんなのシャツをアイロンかけるでもなく 自分の(自分なりの)高級洋服を おしげもなく、じゃんじゃんクリーニングに出す。   …

40代女性のご褒美ディナー

今日は女子会ならぬ、才色兼備の友だちとおでかけ。 2人でこの季節は必ず張り込んでおいしいご飯を食べに行く。 前回はイタリアン。 少し料金がはっても思い残すことなく食す。   そしておいしいお …

過去のこと

あの時ああしていれば・・・戻らない過去に少し酔いしれるとき

朝の連続ドラマ、 もうめ~~~~っちゃいいところ。   若かりし20代のころを少し思い出すわ。   すずめちゃんと、律くんの久々の再会。 律が 「すずめ、結婚しないか?」 &nbs …

体のいい断り文句「高嶺の花」本当の理由は!?

    先日、恋活アプリで知り合ったアラフィフの男性。 とっても素敵な人だったんだけど、ごはん行った後数日して 「どうですか?ぶっちゃけ私?」 と聞いたら 「すみません。正直一緒に …

検索

 

❤ ゆいたん ❤

結婚に夢を抱くアラフォーキャリアウーマン。

美味しい物と好きな人たちに囲まれてHappyに生きれたらそれでいい。結婚は・・・なかなか活動に出ることができないアカンタレな一面をなんとかすべく、努力はしているが、いまだ成果なし。

「このまま一生恋人ができますよ」という神の声があれば、結婚しないで、人生楽しむのになといつも思ってる。