恋愛に夢見るアラフォーこじらせ女子ブログ

結婚していなくても、それはそれでバラ色な生活

婚活 恋愛 日記

婚活相手とのデートが2回目に続かない理由3つ~男性編~

投稿日:2018年4月4日 更新日:

2回目のデートがなりたたない理由

ゆいたんは、

「出会いがない」

という言葉がキライだ。

 

なぜなら、出会う努力をしていないだけだから。

 

出会いは、必ずあるし

ナイならナイで、自分で機会を作れば

そんなもん、いっぱいあるからだ。

 

出会いがないは、ゆいたん的語録では“ただの言い訳”。

 

出会う努力もしないで、言い訳だけしている人に

本当の出会いは生まれないと思っている。

 

 

ある意味、出会いだけは十分にあるゆいたん。

いや、出会いたいから、出会いを探すと言った方がいいかな。。。

 

そんな中で、久々にヒット!(これも、平野ノラのネタレベルのバブリー死語

の男性に出会うことがある。

 

いっつも、がび~ん!!ってな話題でしかないけど、

ここはちょっと逆の発想から、男の立場にたって、

じゃあ、どういう男性だったらいいねん?という思考のモト

嫁入り前の女性が素敵!と感じる男性のポイントをあらってみた。

 

今日はいいネタが提供できそうだわ!(^^)!

 

※あくまでゆいたん的思考からの分析です。

個人差があることだけは、ご了承ください。

 

 

定義は、初回デート~3回目くらいまでのデートについて

 

 

おいしい店を選ぶのがうまい!

これはね、高ポイントっすわ。

マジで、心のそこからこう、「っっっ!!おいしいっ❤」ってなる

そんな味、出されてみ?

 

高級な、敷居の高いお店でなくてよいのよ。

ただ、この店選びのセンスがいい男性にはキュンときますわ。

ゆいたん、ただでさえおいしい物に目がないので、

ハートはわしづかみされます。

 

 

その店の常連であること

「いつもありがとうございます」

とお店の人に言われている彼。

 

いつも来てるの?

行きつけ?

そんなお店に、私を連れて行ってくれるの?

 

そうです。

性格にもよりますが、自身の行きつけなんぞに

どこの馬の骨かわからぬ、おなごを連れていくのは

かなり勇気がいること。

そこに連れて行ってくれるとなれば、

親に紹介されることの次くらいに、

いや、友だちの次くらいか?

に重要なポイントだと思う。

(まあでも、これは場合によっては撃沈するから要注意!!)

 

お会計がスムーズであること

男性にとって、ここはマスト!

なんやろな~。

こちらがお財布を出さなくてもよい雰囲気に

持って行ってくれる堂々とした感じ。

 

年収はあらかじめ何となくわかってはいるけれど、

そこに左右されるような高額な飲食代ではない。

2人で15,000円もいかんだろ?

それぐらい、出せないようであれば、アウト。

女性とごはんにいかない方がいいと思う。

 

 

お高く留まっているわけではないけれど、

40代もそこそこ過ぎた女性と2人でデートして

そのぐらいのお金が払えないような男のもとに

いい女が行くわけない。

 

お安い、そこそこの女で手を打ってくれ!

 

この彼、行きつけの店で、クーポンを出したのだけれど、

まったくマイナスポイントにならなかった。なぜか?

たぶんそこのポイントは“いきつけの店”だから。

 

そして、お店の方ともものすごく親しくは接さないところを見ると

節度ある常連ぶり。

つまり、行く回数は多いけれど、下手な飲み方をしていない

スマートな客であることが分かる。

 

行ったこともない、おいしいかどうかわからないところで、

クーポンを使うのは、

できる限りお得に食べよう!という試み。

ケチ男感丸だし!

そして、クーポンを使わねば、やっていけないレベル。

↑これはダサすぎ。

 

 

ある意味、こちらも、クーポンを使われたり、

割り勘にされたり、

1円でも出さされた場合は、本命対象から外されていると思っても

間違いはない。

本命のつもりでなくても、出させない!という

ポリシーのある男性を選ばずして、未来はない。

 

おそらくそういうところで、普段の私生活がわかるというもので、

何となくだけれど、この彼に関しては

ムダなお金は使わないのではないかな?と予感がした。

 

クーポンが活きる使い方❤でした。

 

このブログを、40~50代の男性に見てほしいと思うわ~♪

 

ここ抑えたら、だいたいうまくいくと思うねんけどな。

-婚活, 恋愛, 日記
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

好きな彼

好きな既婚の彼と恋愛したい反面、やっぱり結婚を捨てきれないこじらせアラフォー女子

ズキューンの彼と 途端に盛り上がったら、 次の約束は当然お泊りです。   ゆいたんは、この日を指折り数え、 ウキウキ、ワクワク。 初対面1時間もしないうちに、 ツーショットを自撮りしたくなる …

だめ!

こんな男とは一緒になりたくないシリーズ6つ

先日こんな記事を書いたが、  恋愛に夢見るアラフォーこじらせ女子ブログヨリを戻したい!?元彼からの電話に動揺?https://rennaiarafo.com/motokarekaranode …

茶道のこころ~40代女子が仕事に煮詰まったらやってみるべき習い事~

日本の伝統文化のひとつに“茶道”がありますが、 最近ゆいたんの中では、これが一番のマイブームというか、 主軸になりつつある。 そうねえ、あとは、着付とヨガかな。     茶道といえ …

40代女性管理職の職場でのふるまい方~お局と呼ばれたくない~

    長らく会社員をやってきて 20代や30代 10歳以上離れた同僚&部下ができると お局(←今じゃそんなことも言わないかもだけど)ゾーン まっしぐら。   お小言のひ …

ピンクのスカート

婚活市場におけるイタイ40代は女性だけじゃない!アラフォーバツイチ男子のイケていない一面

 恋愛に夢見るアラフォーこじらせ女子ブログマッチングした後の・・・様子が変な婚活オトコhttps://rennaiarafo.com/marukomeotoko/トイレに行っています。待って …

検索

 

❤ ゆいたん ❤

結婚に夢を抱くアラフォーキャリアウーマン。

美味しい物と好きな人たちに囲まれてHappyに生きれたらそれでいい。結婚は・・・なかなか活動に出ることができないアカンタレな一面をなんとかすべく、努力はしているが、いまだ成果なし。

「このまま一生恋人ができますよ」という神の声があれば、結婚しないで、人生楽しむのになといつも思ってる。