恋愛に夢見るアラフォーこじらせ女子ブログ

結婚していなくても、それはそれでバラ色な生活

恋愛 日記

夜中のチョコレート

投稿日:2018年1月18日 更新日:

ゆいたん、仕事で時々海外に行くことがある。

営業ではないんだけれど、そこはデフォルメしておいて・・・

 

今回はハワイ。

自由行動は少なかったけれど、常に彼のことを考えているゆいたん。

お土産は何にしようかな~なんて。

 

もちろん友人のお土産はとっくにリスト化していて

でもあげたい人にはあれもこれもあげたくなっちゃって、なかなか大変。

 

 

ようやくみつけたチョコレート。

 

プリンスのために❤

 

さっそく帰国してから、プリンスのところへ。

遅い時間だったけれど、思い切って行ってみた。

タイミングというのはある。

これを逃すと、何にもならない。

 

お店にはお客様は一人だけで、ちょうどオーダーするところにプリンスがたっていた。

ホットチョコレートを注文して、お土産を渡す。

「これ、ハワイのおみやげ」

ティスティングしてから味を決めて買うスタイルのそのチョコレートやさんは

本当に特別感があったの❤

 

彼はとっても喜んでくれて、開けようかどうしようか・・・

みたいなそぶりを察知したゆいたん。

 

「もしよかったら今たべて❤」

(わたしのこともよかったら・・・・ニヤリ・・・はウソですが)

とかわいくいってみた。

 

彼はパキッと割って、店内にいた方と私にも、小さなお皿に入れて出してくれた。

この出し方もセンスいい❤

 

今日はずっと❤マークが多くて失礼❤

嬉しすぎて。

夜中に一緒に、チョコレートを食べている私たち❤

 

お店の店員は、「おみやげありがとうございま~す♪」なんて言ってるけれど

誰が君にあげるといった?

いや、まあ、分けてもらったらいいけれど

私はプリンスのために買ってきたから、あなた違うよ~

って言いたかったけれど、そんな事は言えない。

 

あの後、仲良く食べてくれて全然かまわないんだけれど

私があげたのはプリンスにだからね~。

もらうのは勝手ですが・・・

 

 

にしても幸せ。

たった、これだけのことなのに

こんなに楽しくて、こんなにうれしいなんて。

大人になって、こんな気持ちになれる人がいるというのは良いことだ。

 

タイミングとほんの少しの勇気があれば叶いそう。

 

プリンスとは、これで店員とお客様という関係は消える。

そしたら、まずは知り合い→友だちの関係性を進めていくことになる。

 

気持ちがあったかいな。

安心と安全ゾーンにいる気分。

まずはここからだな。。。

 

インフルエンザが流行るなか、

海外出張がえりで休息なしで働くゆいたんにとっての活力源プリンス。

 

この恋、まずは実りますように❤

・・・そうそう、新月のお願い時期でした。さて、何書こう!?

-恋愛, 日記
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

LOVE

好き!を基準に選ぶ!条件がよくても心が動かない理由

誰を責めるわけでもなく 責任の所在は結局自分にあるといっていい今回の感染事件。 もちろん反省はしているのだけれど、 友人と私の反省会について意見交換のティータイム。笑     今回 …

女性を武器にする

オンナを武器に仕事をするって本当の意味

8月から始めた恋愛活動。 一巡して結局既婚者で落ち着く。   ゆいたんがそうさせるのか、 そういう縁なのか 結婚している余裕がステキに見えるからなのか 理由ははっきりわからないけど、 ゆいた …

クリスマスコフレ2017 40代女性のほしい物ベスト3

    2017年のクリスマスが今年もやってくるね~。 ゆいたんのクリスマスは いつでも シングルベル   2人だったためしがない。   誕生日とクリスマスはい …

仕事ができる女性の特徴3つ

ゆいたん、アラフォー独身女。 それはわかっている。   だんなのシャツをアイロンかけるでもなく 自分の(自分なりの)高級洋服を おしげもなく、じゃんじゃんクリーニングに出す。   …

手をつなぐ

50代男性とのデートで感じたがっかりポイント

手をつないだときのふっくらした感覚。 これがあるかないかでずいぶん違う・・・ これがキュンポイントなんですよね~。   大きくてあったかい手。 すべてを包み込むような男性を感じる肉厚の手のひ …

検索

 

❤ ゆいたん ❤

結婚に夢を抱くアラフォーキャリアウーマン。

美味しい物と好きな人たちに囲まれてHappyに生きれたらそれでいい。結婚は・・・なかなか活動に出ることができないアカンタレな一面をなんとかすべく、努力はしているが、いまだ成果なし。

「このまま一生恋人ができますよ」という神の声があれば、結婚しないで、人生楽しむのになといつも思ってる。