恋愛に夢見るこじらせアラフォー女子ブログ

結婚していなくても、それはそれでバラ色な生活

恋愛 日記

Kissing under the mistletoe すてきなクリスマスの物語

投稿日:

もうすぐやってくるクリスマス。

Kissing under mistletoe

ヨーロッパでは、クリスマスにヤドリギの下にいる女性にはキスをしてもいいとされている。

もし拒んだら、来年は結婚ができないそうだ。

(今まで、一回も拒んだことないけど、結婚できてないぞ~(ー_ー)!!)

 

昨日、ドイツのクリマスマーケットに行ってきたのだけれど

そこで、友だちのだんなさん(ドイツ人)が

「Mistletoeの下を一緒に通ったら、その人と、キスしないといけないんだよ~」

なんて、陽気に言ってた。

 

こういうの。

どういう由来でそうなったのかは知らないけれど、

花言葉は、

「忍耐、克服、困難に打ち勝つ」

愛の木とも言われている。

 

 

イメージはこんな感じ。

お~お~いいねえ。

 

 

ちっとも進展しないフォトグラファーでもあるプリンスとの間に

少し変化を求めて、

 

「クリスマスプレゼントに、プリンスが撮影した、お気に入りの写真をください」

 

とおねだりしてみた。

 

2日待っても既読スルー。

 

 

 

・・・まずったかな。

 

・・・ウザっって思われたかな。

 

 

悶々と考えて、答え出ず、ちょいオチの夜中。

LINEにて、お気に入りのものと思われる写真がチロリン♪と送られてきた。

 

どうぞ!!

 

という言葉と共に。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・。

 

 

 

 

え?

 

あ、もしやコレって・・・その・・・

 

あの・・・

 

 

クリスマスプレゼントにって言わんかったっけ?

今日、何日でっか?

 

 

ゆいたんとしてはさ・・・

こう、クリスマスまでの日々を指折り数えて、

いつ、もらえるかわからないから、

クリスマスイヴに行くのか、

それじゃあちょっと、欲しているのまるバレだから

23日にイヴイヴに行くのか・・・

なんて、楽しみにしていたのに。

 

全く持って時期じゃない、今~~~?

このタイミング???

 

こう来るとは思わなかったからさ。

 

 

しかもお写真のイメージも違う・・・・

 

わざわざ撮ってこいとは言わないけれど、

クリスマス感のあるキラキラした写真を

くれたりなんかするのかしら?

 

なんて妄想もこっぱみじん。。。。

 

 

ゆいたんが、なぜ「クリスマスプレゼント」といったのか

その意図なんてくみ取りもしない。

 

むしろ、こんな夜中に送ってきてくれたこと自体、

珍しい彼の良く頑張った行動!ありがとう!!という基準。

 

 

そんなプリンス。

 

 

でも好きなのよね。

 

ただのファンかしら。これは。

 

 

 

やどり木でも送ろうかしらね。

 

そんなロマンチックなクリスマスは今年もやってこなさそうだ。

鈍感すぎる!!

 

今度は同じO型の親友Aちゃんにも相談。

 

う~~ん。これは・・・

LINEで言われたからLINEで

今言われたから早く送った方がいいと思って

今のこのタイミングなんじゃないかな?

 

え~~~っ!!

そのまんま?

ストレートに解釈か~~~!!

 

まあ、わかりやすいといえばわかりやすいけれど・・・

 

下手にマメでもロマンチストでも、意外とつきあったら面倒くさいかもしれない。

 

うん、まあそういうことをいう人もいるけど・・・

 

この人と百万が一うまくいって、つきあったとしたら

どうなるんだろう。

楽しいのかな?

 

 

やっぱりナゾ。

 

 

どんな会話をして

いや待てよ。

会話成立するの?本当に?

 

ナゾでしかない。

 

そう考えると、私プリンスのこと、何にも知らない。

これじゃあ、本当にファンだ。

彼を好きとは言えない。

 

 

アラフォーにもなって、高校生恋愛と言われる所以。

 

 

思い切って言ってみる!?

 

それでもし、何とも思っていなかったら?

 

モジモジ・・・・

あ~疲れる。本当に疲れる。

 

初心者から抜け出せない領域。

 

マライヤキャリーのように、やどり木の下で待っていても、、、

 

 

待ちぼうけだな・・・コレ。

 

-恋愛, 日記
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

最低なオトコ

こんな男に注意!!婚活アプリで見つけた最低なヤツ

「ボク結婚してるけれど、それでよかったら・・・」 というのを堂々と出してつきあいを求めてくれる男。   いやいや最低でしょ?     若かりし頃は、そう思った時期もあった …

ネイリストは技術と接客どっちが大事!?悩ましい選択・・・

いや~、ほんまに気分が落ち込みまくりだからさ。 自分に共感してくれる女子にばっかり話を聞いてもらっている。   当然、私の周りの女性というのは、私が好きな人たちだから、理解してくれるし、私の …

夢中の恋愛

一人の男に夢中になるな!好きな彼のことで頭がいっぱいになってしまうあなたへ

本命枠1位、2位と出てきたら もうこのあたりで一人に絞りたいな~なんて すぐに乙女心を出してしまうのだけれど、 そうなると、これまた夢中になってしまうパターン。 いかんいかん。   LINE …

40代女性中間管理職の悩み、すべきこと!独身アラフォー頑張り編

    中間管理職ってのは、まあ、厄介。   マネジメント&プレイヤー。   ここをこなすことができたら、ゆいたんも一人前になれるのかと。   色々考 …

酔っ払い,アラサーオトコ

年齢には勝てない。婚活市場においては20代が命

先日、新卒の子たちと飲む機会があって 当然、こちらは立場もあるし、深酔いはしない。   でも、同じ社員の30代の男の子も一緒だったんだけど まあ、新卒レベルの若い女たちの一人に ガンガン飲ま …

検索

 

❤ ゆいたん ❤

結婚に夢を抱くアラフォーキャリアウーマン。

美味しい物と好きな人たちに囲まれてHappyに生きれたらそれでいい。結婚は・・・なかなか活動に出ることができないアカンタレな一面をなんとかすべく、努力はしているが、いまだ成果なし。

「このまま一生恋人ができますよ」という神の声があれば、結婚しないで、人生楽しむのになといつも思ってる。