恋愛に夢見るアラフォーこじらせ女子ブログ

結婚していなくても、それはそれでバラ色な生活

恋愛 日記

こんな女実際にいるの!?自分はモテると完全に勘違いしている女

投稿日:

ビッチ

ビッチ

雌犬のこと。尻軽女のこと。

 

まさに、世の中にビッチというのはいる。

 

時々勘違いして、恋愛豊富な女性と一緒にされることがあるが、

大間違い。

 

手当たり次第、男性と寝なくてもビッチは、いる。

 

ゆいたんも過去、このビッチとやらに出会ったことがあるが、

単に、男性が好きで、寝まくっているという人ではなく、

マジで節操がない人のことをいうのだと思う。

 

簡単にすぐに体の関係になる女性は少なからずいるし、

Hが先で始まる恋愛もある。

 

でもさ、そこ手出す?

みたいな女もいるのよ。

ゆいたんは、これぞビッチだと思う。

 

同性として、どうかと思うほど、ひく。

 

少々その道では有名なスポーツ選手と

そういう関係になっているかと思えば、

そのマネージャーともできているっていうヤツ。

 

私はその彼には手を出すなって意味なのだろうな・・・と理解していたので、

ビックリ仰天の事実。

え?同じフロアの入口でキスをしたかと思えば、

別の部屋で、マネージャーとディープキス。

 

彼氏を迎えに来させて、それを待っている間に

同僚の男とカーセックス。

 

この事実が起きているときに、なんとゆいたんは

その彼氏に「彼女はそんなことするような人ではないよ」と

弁明していたことがある。

 

やっとるんか~~い!!

 

バカな話。

 

最近、またまたこのビッチに振り回される事が起きた。

 

もうね、あきれてものが言えない。

友だちでも何でもなかったけれど、

これを機に、本当に連絡縁を切ろうと思った。

 

自分も同じと思われるし

ロクな出会いはない。

普通に友だちとしてなら、とってもいい人なだけに

残念。

 

ただのイタイ女。

 

彼女はそのように今後もいきていくのだろう。

 

おまけに本人は、これを男にモテると思っているし、

男を落とせて手玉にとっていると思っている。

 

ちょっと、あれどういうこと?

理解できないんだけれど?

 

というと、

 

い~の、彼、アタシに夢中だから。

あれはあれでい~の。

 

と答える。

 

マジ、ひいたね。

 

ごめんやけど、帰らせてもらいます。

 

といって、その場を去ったね。

意外と身近にいるからね。

こういう女。

 

何食わぬ顔して、人の彼とかもとっていきそうな感じ。

 

男にモテるの定義をはき違えている女に要注意!!

 

-恋愛, 日記
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

考える 女性

自信のある男の勘違い言動

世の中には、本当にいろんな人がいる。 前述の東京の彼。 会う前からLineでひととおり盛り上がってるので、 今日は、手繋ぎデートをしましょうと。   その時会った状況で気に入れば。 &nbs …

睡眠、夢占い

夢占いで未来の幸運を招く、心と頭の整理

彼にパーティに行こうと誘われて 一緒に行くことになり、 彼の恩師とやら(おそらく70代とかそのへん)から 招待状が届く。   結婚式やないかい?   ほな、お祝儀を持っていかねばな …

2018年新年のスタート!元旦に連絡が来るのは本命枠ではないオトコ

新年あけましておめでとうございます。 年末年始のゆいたんは、そこそこのデートの約束のみで あとは全くの寝正月。 そうこうしている間に 仕事復帰まで、残すところ、あと2日となってしまった。 お休みは過ぎ …

モテる40代女性

モテる40代女性になるためにしていること

女性に年齢は聞いてはいけない。 というけれど、 ゆいたんは、年齢を気にしない生き方をしたいと思っている。   このまま一生独身で困ることといえば、 老いとさみしさと経済面であることは間違いな …

ガジェット

迷わず先に行動することが成功のカギ

ゆいたんが好きな人のひとつに堀江貴文がいます。 最近本屋さんで「あり金は全部つかえ」という本をみつけ 思わず手に取って秒でレジへ。   本当は「多動力」という本を買いに行ったのだけれど この …

検索

 

❤ ゆいたん ❤

結婚に夢を抱くアラフォーキャリアウーマン。

美味しい物と好きな人たちに囲まれてHappyに生きれたらそれでいい。結婚は・・・なかなか活動に出ることができないアカンタレな一面をなんとかすべく、努力はしているが、いまだ成果なし。

「このまま一生恋人ができますよ」という神の声があれば、結婚しないで、人生楽しむのになといつも思ってる。