恋愛に夢見るアラフォーこじらせ女子ブログ

結婚していなくても、それはそれでバラ色な生活

仕事 婚活 日記

婚活市場におけるアラフォー女子の需要と供給

投稿日:

女の価値

 

〇〇さんからお見合いの申し込みが届いています。

と連絡が来ました。

 

いきさつはコチラ↓↓↓

 

楽しみに開けてみると、

 

やっぱりな~

 

ご年配。

 

ゆいたん、結構幅広いけれど、さすがに

老けた50代~60代は難しいわ・・・。ごめんなさい。

年齢制限は設けていないけれど、写真の雰囲気で

もう違うかな?とお断りを入れました。

 

タキシードが似合わないし、もうモーニングレベル。

 

それが、アラフォー女子に求められる婚活市場での価値。

もうおじいちゃんではないか。

 

そういう私も、結婚式ではどちらかというと

留袖来て立っている立場に近づくからね・・・

 

この市場に、情は禁物。

 

お見合いするのに、1回1回、月会費とは別にお金がかかる。

活動費とはわかっているが、そう簡単には行けない。

 

ゆいたん、短期集中型を狙っているから、

そこそこやるけど、これによって少し勇気が湧いて来たので、

じゃんじゃんお見合い申し込みをする。

 

成立しなければ、ないのだから、問題はない。

 

 

今月はうまくいけば、喜ばしい出費。

 

出費がかさまなければ、それだけマッチングしていないということだ。

 

しかし、男性の写真映りというのは、こうまでステキでないものかしら?と思う。

女性はメイクがあるとはいえ、

男性の方は、実物の方がよいのでは?と思ったりする。

 

写真でこれなので、実物はいったい、、、と不安になるが、やはり写真は嘘をつかない。

 

ダンディな人は、ほんとにダンディにかっこよく映る。

年齢ではないのだよ。

 

ステキすぎますね。

 

まぁ、こんな人は選び放題。

 

これでお相手がいないなんて、

本当かな?って思っちゃう。

でも、なかなか好みの女性はいないのだろう。

さて、ゆいたんが申し込んだお見合い相手とは、

お見合い成立するのかどうか???

 

今のところ、ゆいたんからのアプローチに関しては、誰からも返事がなく、

2日間にして、11件のお申込みをあっさり断ってしまった。

 

お金払ってまで会いたいかどうか?

 

となると、相当ハードル上がると思うんだけれど?

 

望んでる場合じゃないわよ。と

相談おばちゃんに言われそうですが・・・

ゆいたん、そこまでして結婚する気、

やっぱりないみたい。

 

やってみてわかる。

 

そして、私の友人はみんなこれを読みながら、

 

だろうね。。。。

 

とわかっているだろうと思う。笑

 

それでもやってみたいお年頃。

 

新しいプロジェクトを始めるかもしれない仕事の方が、十分刺激的で魅力的❤

男性もまだまだ素敵でかっこいい人と、

ほどよいお付き合いが希望❤

 

まだまだ落ち着けないな、コレは。。。。

-仕事, 婚活, 日記
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

男を見る目を養う

異性を見る目を養うには経験しかない

なんだろうな、、、 この自分の気持ちの違い。   週4〜5くらいのペースでアポイントいれて、 男性に会い始めたゆいたん。 あれ?お付き合いしてくださいって言われた人いなかったっけ? &nbs …

プロポーズ

40代からの結婚相談所入会について

Omiaiアプリを卒業し、 きちんとした結婚相談所に入会したゆいたん。     えーっ!?今頃?     ハイ、今頃。   オススメの写真館で、ビュー …

不可能を可能にする方法

    “できない”ということを知らなければ、 “できる”という選択しかない。   6歳の男の子が、ある事情から10段の跳び箱に挑戦するのだけれど 跳べなくて、何度もなん …

ときめき

面倒くさくない恋

 恋愛に夢見るアラフォーこじらせ女子ブログ嚥下(えんげ)困難!?アラフォー女子の極みhttps://rennaiarafo.com/engekonnannarafojyoshi/若い時にはな …

40歳超えても逃げ出したい?どたんばでひるむオトコ

    最強の恋愛パワースポットと呼ばれる氷室神社(神戸)に行ってまいりました。 感想は・・・ ご想像にお任せします。 神様のことだから、あまり悪く言うもんではないので ご自分の目 …

検索

 

❤ ゆいたん ❤

結婚に夢を抱くアラフォーキャリアウーマン。

美味しい物と好きな人たちに囲まれてHappyに生きれたらそれでいい。結婚は・・・なかなか活動に出ることができないアカンタレな一面をなんとかすべく、努力はしているが、いまだ成果なし。

「このまま一生恋人ができますよ」という神の声があれば、結婚しないで、人生楽しむのになといつも思ってる。