恋愛に夢見るこじらせアラフォー女子ブログ

結婚していなくても、それはそれでバラ色な生活

婚活 恋愛 日記

この年になると・・・わかっちゃいるけれど、一番使ってはいけない言葉。

投稿日:2017年10月23日 更新日:

 

 

2回目のドラえもんとのデート。

行先はゆいたんの好きな“やきにく”

 

ドラが必死で探してくれた、焼肉屋さん。

かばんやコートはすべてビニール袋に入れなければならないほど、においが付いちゃうようなところ。

なかなかおいしそうだ。

 

ゆいちゃん。

ぼく、一緒にいると楽しいねん。

 

 

あんまり、何もしゃべっていないけど?まだ。

 

 

もうさ、この年なるとさ~

毎日会いたいとか、そんなん言わへんし

 

ゆっくり好きになってくれたらいいよ、ぼちぼちいこや。

 

!!!!!

 

っ!この上から目線感。

 

一動作につき、一回のおしぼりによる口拭き。

このオヤジ感。

 

 

 

ここでも隣の、若者たちが、

わっさわっさお肉を焼きまくったあとに、もつ鍋ドーン!!

たんとお食べコース。

 

 

それを横目に見ながら、ドラの

この年になるとさ~。もうお肉、量食べられへんよな~

 

そうだね。

 

 

といいつつ、そんなわけない。

ゆいたん、まだまだ食べれる~。

でももうちょっと今度は薄いお肉がいいわ。

 

私の動作に、いちいちフッと笑う。

「何がおかしいね~~~~ん!!」と言いたくなる。

 

咳払いもたびたびする。

 

太ってるから首が縮んで、Tシャツが小さいのか

ちょっと肩や首をくるくるっと回すその癖も

 

ちょっとイライラしてきた。

 

あかんな、これ。

だんだんもう直視できなくなってきた。

 

私、この人と、この先デートは無理だ。そう思った。

何年か前に彼女がいたらしいけれど、(しかも15歳下)

でも、結婚するってことになっていたらしいけれど・・・

わかる気がする。

 

 

やっぱりドラはドラ。

 

ゆいたんは、好きな人と一緒になります!!

いくつになっても、恋してたいし、キラキラしてたい。

悪いけれど、ドラちゃんはこれ以上は、もう好きになることはない・・・・

 

そう思った一日でした。

 

でも、知らず知らずにおばはんの癖が出てそうだ。

 

ひとまず歯槽膿漏だけ注意しなくては!!

 

-婚活, 恋愛, 日記

執筆者:


  1. […]  恋愛に夢見るこじらせアラフォー女子ブログ この年になると・・・わかっちゃいるけれど、一番使ってはいけない言葉。https://rennaiarafo.com/kotodama/  2回目のドラえもんと […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

独身でも楽しむ秘訣

40代女性の婚活は妥協だと思っているあなたへ

今や、何でも答えてくれるGoogle先生。 この人なしでは、世の中は回らないのではないか? というくらい、お世話になっている。   が、しかし   アラフォー婚活   と …

カップル

40代女性が理想の男性を得るための基本条件3つ

婚活をしていると生じるのが 婚活迷子。   そう、何のためにやっているのかもはやわからなくなり、 落ちこんで疲れてしまうパターン。   よく、サイトでも、休憩ボタンなんかあったりし …

ハートチャクラ

チャクラを開く瞑想の効果

Youtubeで、瞑想の音楽を検索し それをかけながら、毎日20分の瞑想を心がけているゆいたん。   あぐらをかくようなポーズで、楽にしながらも グランディングして、大地を感じる。 &nbs …

婚活市場における40代の価値

40代婚活男性の市場価値。知ってました!?若さを求めるのは女性だけじゃない!

婚活市場において大切なのは すべてにおいて若さ。   どんな素敵な女性でも、絶対にかなわないのが若さ。 ここで、勝負を掛けられると勝ち目は全く持ってナイ。   アラフォーから見ると …

40代女子の日常生活

こじらせ独身女子の日常あるある

約1か月近く続いた女の子週間、いや月間も無事に終わり、 いよいよふつうの生活がやってきた。   先日のプリンスとのごはん会から またさらにプリンスにぞっこん中なゆいたん。   PC …

検索

 

❤ ゆいたん ❤

結婚に夢を抱くアラフォーキャリアウーマン。

美味しい物と好きな人たちに囲まれてHappyに生きれたらそれでいい。結婚は・・・なかなか活動に出ることができないアカンタレな一面をなんとかすべく、努力はしているが、いまだ成果なし。

「このまま一生恋人ができますよ」という神の声があれば、結婚しないで、人生楽しむのになといつも思ってる。