恋愛に夢見るアラフォーこじらせ女子ブログ

結婚していなくても、それはそれでバラ色な生活

恋愛 日記

うかれてはならない年下男のアプローチ

投稿日:2017年9月7日 更新日:

 

 

ストライクゾーンの広い私としては、

年下の男の子と知り合う機会が多い。

言うなれば、出会った男子はすべて恋愛対象に考える!

ぐらいの勢いがある私。

 

全部が全部そうじゃないけれど、

ちょっとした覚悟は持っている。

 

とある年下の男Aくん。

職業:モデル 当時20代後半

仕事の関係上で知り合って、たまにはごはんでもいく?

みたいなことから、お出かけすることが増えた。

この時は、恋愛感情もないし、

単純にごはんに行く関係。

 

そこで、私さ、当時好きな年下の男の子がいて、

彼も知っている子だったから、ついその話になっちゃったのよ。

お酒も入っているしね。

そうすると、だんだん気持ちが落ち込んできちゃって。

(その好きな彼にはすでに長い彼女がいたのだよ)

「私、今きっとさみしいんだろうな・・・」

と、ついつぶやいてしまった。

男に甘えることが本当にキライな私としては、レアなケース。

 

「僕の胸でよかったら貸しますよ」

 

と手を広げて抱きしめる一歩手前のポーズ!

 

え? ほんまにゆ~てる?

 

か?これは?

ドラマか?

ドッキリか?

 

わたくしめ、

「今日はごめん、あやかる」

といって、

ぎゅっと抱きしめていただきました。

 

そして・・・

 

あれ?なんかドキドキしてない?私?

 

頭ポンポンされて。

 

10以上、年下の男の子に?

 

抱きしめられている

このシチュエーション。

 

いやいや、間違いなくドキドキするでしょうが。

 

これが引き金となって、私の気持ちに火がついたわけで。

どんどん意識するようになってきたわけだよね。

身長も私の好きな180センチ超え。

もちろん、イケメンです。私好みの。

 

ま、その後、水族館に行きたい!というリクエストに答えてくれて、

お車にて(家の車だけど)自宅まで迎えに来てくれたわけ。

一緒にくらげをじ~~~っと見て感想を述べる。

あら? おててはつながないの?

結構いいシチュエーションなんだけど?

 

何を見たかすら覚えていない、

よこしまなこちらの気持ちとはうらはらに、

モデル仲間にお土産買っていこ~♪みたいな気楽な感じ。

あ、じゃあ私も買っていこうかな~♪

 

いったいこの人何考えてるんだろうか?

 

水族館 = デート → ????

 

え~~~~~~っ!

結局何にもなくて、彼ったら夕方からバイト行ったよ。

手もつながず、このいい距離で、

手をつないでも誰も何も疑問に思わないこの場所で・・・

 

 

・・・なんにもない・・・

 

 

こないだのハグはなに?

まあいいわ。第一回目やし、ましてや年齢離れているし。

などと、頭を思いめぐらせ、モヤモヤのまま終わる。

 

うかれてはならない。

 

彼は単純に

「水族館に行く」という目的を遂行するためだけに働いた

のだ。

むしろ、こっちが感謝しなければならないぐらいなのだ。

ドキドキ、わくわく、させていただいたことに感謝。

でもあわよくば・・・という気持ちは持ってはならない。

という教訓。

 

その気もないなら水族館とか連れてくなよ~ といいたい。

-恋愛, 日記

執筆者:


  1. […]  恋愛に夢見るこじらせアラフォー女子ブログうかれてはならない年下男のアプローチhttps://rennaiarafo.com/toshishitanootokonoko/  ストライクゾーンの広い私としては、年下の男の子と […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

のぞき見

その写真は正直いらん!!男性のアノ部分の写真を送られた女性の気持ちは・・・

時々いるんだけど、仲良くなってLINEを交換すると 勃起した自分のペニスを送ってくる男性がいるんだよね。   LINEを受信すると、メッセージが届きました。 というアイコンが出るんだけど、う …

ミニマリスト

いよいよミニマリストに!

ミニマリスト。 最小限のものだけで成り立つ生活。 部屋のデスクの引出に入っている、 使用しないものを捨て、きれいにする。   会社のデスクを一掃。 すべて捨てましょう!と捨てて、スッキリ!! …

イケてる50代男性の魅力とは

    恋愛にはピークというものがある。 いわゆる“モテ期”。 モテるの定義が必要になるけれど、 ゆいたんにもそういう時期はある。   20代前半に出会った男性が、なぜか …

好きな彼

好きな既婚の彼と恋愛したい反面、やっぱり結婚を捨てきれないこじらせアラフォー女子

ズキューンの彼と 途端に盛り上がったら、 次の約束は当然お泊りです。   ゆいたんは、この日を指折り数え、 ウキウキ、ワクワク。 初対面1時間もしないうちに、 ツーショットを自撮りしたくなる …

ときめきは日々起こる!キラキラのコツ

    私はときめきがないと生きていけない。 先日、親友の一人とランチをしていて、最近の婚活事情を話すと 「え~!ゆいは絶対に結婚しちゃだめだよ~」 と注意を受けた。 どういう事か …

検索

 

❤ ゆいたん ❤

結婚に夢を抱くアラフォーキャリアウーマン。

美味しい物と好きな人たちに囲まれてHappyに生きれたらそれでいい。結婚は・・・なかなか活動に出ることができないアカンタレな一面をなんとかすべく、努力はしているが、いまだ成果なし。

「このまま一生恋人ができますよ」という神の声があれば、結婚しないで、人生楽しむのになといつも思ってる。