恋愛に夢見るアラフォーこじらせ女子ブログ

結婚していなくても、それはそれでバラ色な生活

婚活 恋愛 日記

大好きな彼との恋愛が一瞬で冷めるとき

投稿日:2018年9月12日 更新日:

好きな男性

人の不幸は蜜の味。

とはよく言ったものだけど、

本当にそうです。

 

特に女性の間でも

うまくいっている内容を聞いて応援はするけど、

実際、珍事件が起きるとかなり嬉しいもんです。

 

御多分にもれず、ゆいたんも

人の幸せをほほえましく祈れるわけがない。

その前に、ゆいたんにもブログネタになる事件が山ほど。笑

 

先日のズキュンの彼。

 

タイプすぎて、好きなのよね。

しかしながら、なかなか会えないと思いも募る。

ここはもう我慢しないで、じゃんじゃん連絡してやれ!と思い、

気兼ねなく自分の思いを伝えてみた。

 

面倒くさがられても

所詮は既婚者。別に嫌われても全く問題ない。

(いや、本当は嫌われたらいやだ・・・)

 

ゆいたんのBirthdayもお祝いしてもらわないかんし、

早く会いたいな~と。

 

そろそろゆいも禁断症状がでるやろ?

俺は金欠症状やけど。

 

というLINE。

 

は?金欠?

年収予測1,000万越えのあなたが?

 

師匠~~~~っ!!

これはどういうことや?

師匠に相談。

 

おそらく月額お小遣い制やなそれは。

 

ビックリだわよ。

結局、話の流れから、割り勘要請だった。

 

気持ちは恐ろしいほど“すんっ”って冷めました。

そんなところにお昼のバラエティで

だんなが家事を手伝ってくれないっていう特集。

結婚生活の実態を垣間見た。

 

まあ、そこそこの稼ぎでは、

家事もしたくなくなるわよね。

 

あ~そんな男とは結婚したくない。

 

家庭は外でカッコイイ男を演じるための力を養う場所。

男性諸君も妻選びは大変だ。

 

夢はガラガラと崩れ落ち、

ゆいたんはやっぱり独身バリキャリライフを目指したいなって思いました。

 

その反面、優良物件をゲットして

超尽くしたい!!という乙女心もまだ捨てきれない。

尽くし甲斐のある男を見極めるのは至難のワザ。

 

ゆいたんなんて、年収もまだ知れたもんだけど

役職ついてから、たいがい部下とのごはんは

全額出すか、ほぼ出すよね・・・。

部下をごちそうできない男なんて最低なのに。

 

他にお金のかかる女でもいるのかっ!??

 

と冗談で聞いたら、ちゃうわ!!って笑ってたけど。

 

ポジションが友だちなら

ホテルに行く必要もないからね。

こうなったら、とことん悩み事を話せる親友になってやろうと思う。

なんでも話せる立ち位置でよい。

 

 

結婚して、

子どもを産んで、育てて

良き家庭が築ければ問題はないけれど、

不仲になってしまって離婚とかになると

色々大変。

子どもが正直足手まといになる。

 

彼がそんなにもらってるのに(これは間違いない)

自分の使えるお金がそれほどないということは

その好きでもない夫婦仲の冷めた妻が

それだけお金を取っているということだ。

つまり、男はお金を持たせるとロクなことがないというのをわかっている。

もしくは、彼が他のオンナとのデート代に使うことだって気付いているかもしれない。

おそらく、これは前科があってのこと。

若いころに彼は十分何か信頼をなくすことをしているに違いない。

 

子どもも、これからまだまだお金がかかる年齢だし

これ以上のお小遣いアップは見込めないとなると・・・

ゆいたんとは完全に友だち

 

どこまで行っても友だち

 

恋人にはなれまへん。

 

ゆいたんの既婚者トキメキ枠から脱落。

友人枠に変更。

 

ま、乙女なゆいたんとしての弱みは

割り勘をしてでも会いたいほどタイプであるということ。

 

そして、今後は、

お金を出す、出さないに限らず

一緒にごはんを食べたい、会いたいと思う相手でないとでかけない。

これが一つの基準になりそうな感じ。

 

やっぱ、ゆいたんの人生は

自分で稼がねばならないのか・・・。

 

 

-婚活, 恋愛, 日記
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

幸せのフクロウ

幸せを呼ぶフクロウタクシーと運転手の誇り

今のままの関係がいいなー と思う人と、 もっと先に行きたいなー と思う人がお付き合いしたら   これは、カップルにはならないよな。   ゆいたん、先日のSEくん。 やっぱり、付き合 …

仕事ができる女性の特徴3つ

ゆいたん、アラフォー独身女。 それはわかっている。   だんなのシャツをアイロンかけるでもなく 自分の(自分なりの)高級洋服を おしげもなく、じゃんじゃんクリーニングに出す。   …

過去の男の思い出

ヨリを戻したい!?元彼からの電話に動揺?

母上から「こたつdeうたた寝認定」がでてから ゆいたんの就寝スペースが時々(いやほぼ毎日)こたつになっている。 電気カーペットの上で座椅子にもたれかかり、 そのうちだんだん下に沈み、カーペットの上でぬ …

50代の通勤恋愛物語

    毎日同じ時間帯に通勤していると、同じ人に遭遇する。   学生から、ビジネスマン、マンションの住人。 時間差と場所で、今日の自分のスタートが、 遅いのか早いのかわか …

モテる男

パパになってもモテる男性の特徴5つ

パパがかっこいいって子ども心には憧れだった。   でもパパになると、もう男ではないから、モテないと思っている男性陣。 いやいや、そんなことはない。   結婚したからモテるって人いる …

検索

 

❤ ゆいたん ❤

結婚に夢を抱くアラフォーキャリアウーマン。

美味しい物と好きな人たちに囲まれてHappyに生きれたらそれでいい。結婚は・・・なかなか活動に出ることができないアカンタレな一面をなんとかすべく、努力はしているが、いまだ成果なし。

「このまま一生恋人ができますよ」という神の声があれば、結婚しないで、人生楽しむのになといつも思ってる。